フランケンシュタインは怪物の名前というのは「誤解」なのか?

 
今日のOED は複合語をつくる連接要素 (combining form) の Franken-。遺伝子操作・遺伝子組み換えされたという意味。20世紀の後半から21世紀に定着した。語源は今年出版200年である小説 Frankenstein に登場する怪物(creature) にちなんだもの。遺伝組み換えの果物を frankenfruit, 食べ物一般を frankenfood のように言う。
 
もちろん Frankenstein はメアリー・シェリーが書いた小説、Frankenstein, or the Modern Prometheus の主人公である科学者の名前であり、彼が合成的に作った怪物の名前ではない。しかし、日本語はもちろん英語でも、その怪物のことを Frankenstein という誤解は完全に定着している。そして「誤解」と書いたけれども、OEDが挙げる引用の著者を見ると、1838年グラッドストーン、1889年のシドニー・ウェッブとG.B.ショー、1958年のアイザック・アシモフたちが並ぶ。 つまり、一方にグラッドストーンらの超大物たちが「フランケンシュタインは怪物の名前だ」という前提で物を書いていて、もう一方には原作者のメアリー・シェリーが半ば孤立して「原作ではフランケンシュタインは科学者の名前です」と言っている構図になっている。SF作家のアシモフまでフランケンシュタインを怪物の意味で使っている。OEDがこの見解に軍配を上げたと解釈できる。
 
2018 年、フランケンシュタインの研究者は、日々血みどろになってこの「誤解」と戦うのだろうか。それともその希望を持てない戦いが「まるでフランケンシュタインみたいだね」とか言って、実は寝返っていくのだろうか。
 
 
1838   Gladstone in Murray's Handbk. Sicily (1864) p. xlvi   They [sc. mules] really seem like Frankensteins of the animal creation.
1889   S. Webb in G. B. Shaw Fabian Ess. Socialism 38   The landlord and the capitalist are both finding that the steam-engine is a Frankenstein which they had better not have raised.
1958   I. Asimov Naked Sun xiv. 172   Do you know robots started with a Frankenstein complex against them.? They were suspect. Men distrusted and feared robots.

明けましておめでとうございますー書評 Stefanie Coche 先生

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 
 
ギーセン大学で教えておられる Stefanie Coche 先生によるドイツ語の著作の書評です。患者の家族が精神病院に収容することの重視とその多様な意味の分析、歴史学の上での実証的なマテリアルを可能にする患者のファイルなどの重視、そしてミシェル・フーコーの遺産の批判的な乗り越えなどが主題になっています。
 
私は英語以外の外国語はまともにできないのですが、この書物には注目して、Medical History の書評編集委員長の時に ベルリンのEric Engstrom 先生にお願いして書評を書いていただきました。その書評がこの書評でも掲載・言及されています。新年から頑張ろうという気持ちになっています。エングストローム先生の書評はこちらになります。
 
 
 

『十二支考』「犬」へーよいお年をお迎えください

原稿の初稿を皆さまに送る仕事が終わり、今年の仕事をおしまいにします。今年は、色々な新しい仕事が出来ました。これからしばらく『十二支考』の「犬」の項目を読みながら、年の瀬に何かをつまみながらお蕎麦をいただきます。皆さま、よいお年をお迎えください。

ロンドン衛生熱帯医学校の校章について

Wilkinson, Lise, and Anne Hardy. Prevention and Cure : The London School of Hygiene & Tropical Medicine : A  20th Century Quest for Global Public Health. Kegan Paul, 2001.
 
ロンドン衛生熱帯医学校に関するモノグラフにもう一度ざっと目を通す。ふと気がついたのがその校章である。これは古代のコインから20世紀にデザインされたものとのこと。コインは466BCEにシチリアで鋳造されたものが原型である。
1929年に正面玄関につくられたものは、医学の神であるアポローンとその妹のアルテミスが二頭立ての馬車に乗り、アポロンは弓を射ている。背景にはヤシの木が描かれ、これはもちろん熱帯の象徴であるが、ギリシア神話にも起源があり、アポローンとアルテミスの母親のレートーが出産した時に、そこにヤシの木が生えて葉を茂らせて出産を安楽にしたという。それをモダニズムのタッチで表現している。玄関の上には左右いずれも蚊の彫像があり、熱帯医学らしさが出ている。
 
 
この入り口のデザインが、1990年代に現在の校章にデザインされなおした。こちらの方が古典古代風の感じが出ている。地面には、杖に蛇が絡まったものが描かれている。これはアポローンの子で医神のアスクレピウスが持つ医療の象徴である。
 

f:id:akihitosuzuki:20171229172332j:plain

f:id:akihitosuzuki:20171229172356j:plain

 
 
 

エコノミストより:親が子供と過ごす時間が長くなったことーただしフランスを除く(笑)

www.economist.com

 

11の富裕な国を選び、1965年と2012年における親が子供と過ごした時間の調査。全体だともちろん長くなっていて、一日54分から104分と、ほぼ2倍になった。男性はまだ短いが劇的に伸び、大卒の方が長いがそれ以外でも伸びている。

ただ一つの例外がフランス。この国だけ、大卒でもそれ以外でもはっきりと短くなっている。大卒もそれ以外も鮮明に激減している。これは、もともとフランスの親が子供と過ごす時間が他の国より長かったという事情もあるが、激減のため、現在の順位は低迷している。いったいなぜだろう。エコノミストに説明はない。

日本のデータはない。たぶん長くなっていると思うけれども。

洞窟の空気が体に良い結核用サナトリウム 1900年アメリカ

www.atlasobscura.com

 

1900年アメリカ。地下洞窟の空気を吸い上げる結核サナトリウムの建設。ホプキンスの医師が最近測定して、ホプキンスを含めて各地よりも細菌が非常に少ないことを発見した。詳細はサイトを。

『フィールド図鑑日本の野鳥』に関するとてもよいニュースを2つ

バードウオッチングでは日本野鳥の会の『フィールドガイド日本の野鳥』の増補改訂版を使っている。必須のレファレンスだけど、定価3,600円+税だから結構高い。もともと趣味はお金が掛かるものだから、仕方ないし、そういうものだ。実際、素晴らしいガイドである。

新しい『フィールド図鑑日本の野鳥』が出た。内容はほぼ同じで、サイズはふた回り大きい。買うべきかどうか少し迷ったけれども、趣味だからということで、強気になって買ってみた(笑)お値段は3,800円+税。

こちらは600種を超える全ての鳥の英語名が入っている!フィールドガイドの方は、私には何の役にも立たない学名が載っていて、イソヒヨドリと英語でいいたいときに、フィールドガイドを引くとMonticola solitarius という通常は何の役にも立たない学名が出てくる。フィールド図鑑だと、学名も載っているが、Blue Rock Thrush という普通の英語も出てくる。何という幸せ。これで鳥に関する英語力が一気に数十倍になる(笑)

もう一つは、全ての鳥の「和名」とその漢字表記が入っていることである。和名の漢字表記なんてフィールドガイドに書いていないので、そういうものを知らなかった。たとえば、イソヒヨドリならカタカナで表記される「イソヒヨドリ」が普通使われるが、実は日本鳥類学会が定めた漢字表記もあり、「磯鵯」である。オオヨシキリは「大葦切」、ジョウビタキは「尉鶲」か「常鶲」、オオジュリンは「大寿林」、「オオジュウイチ」は「大十一」か「大慈悲心」である。なんだこれは。いったいどんな言語に関する魔法が起きているんだろう、ここでは(笑)