2008-02-08から1日間の記事一覧

折口信夫『身毒丸』

出張の移動時間中に折口信夫の「身毒丸」を読む。中公文庫で、『死者の書』と一緒に収められている。能楽師の身毒丸は美しい。「細面に、女のやうな柔らかな眉の、口は少し大きいが赤い唇から溢れる歯は貝殻のよう」である。しかし、その身体には、代々の業…

産褥精神病の力学

19世紀アメリカの産褥精神病 (puerperal insanity)を素材にして、複数の教科書的な方法論を教科書的に洗練された仕方で組み合わせて論じた、まるで大学院用の教材のために書いたような論文を読む。文献は、アメリカのTheriot, Nancy M., “Diagnosing Unnatur…