2008-03-20から1日間の記事一覧

漂海民

知人に薦められた本を読む。昨日に続いて、日本漁業史の泰斗の羽原又吉の作品で、『漂海民』(東京:岩波新書、1963)今から50年近く前の著作とは信じられないほど面白くて、あと私が知りたいことに少し関係があった。漂海民というのは、陸上に生活の基盤を…