2008-11-09から1日間の記事一覧

京都のマラリア

必要があって、日本内地のマラリアを研究した古典的な論文を読む。文献は、宮島幹之助「京都付近ニ於ケル『マラリア』ト蚊トノ関係」『中外医事新報』No.547(1903), 1-21; No.548(1903), 17-25; No.549(1903), 11-21.著者の宮島幹之助は1871年に山形県米沢市…