2009-02-24から1日間の記事一覧

結核の歴史

必要があって、砂原茂一・上田敏『ある病気の運命』(東京:東京大学出版会、1984)を読む。砂原と上田の対談形式の話。砂原は日本の結核医学の中心人物で、上田はその後輩にあたる。日本の結核対策は、一時は保健医療費の半分がつぎこまれたといわれる巨大…