2009-07-04から1日間の記事一覧

加賀藩の麻疹

昨日と同じ著者の、麻疹の研究を読む。文献は、前川哲朗「藩政期村方における疾病と医療活動」『市史かなざわ』10(2004), no.3. 27-47. 江戸時代に天然痘は小児病化していたが、麻疹はいまだに平均すると20年間隔で襲来する病気だった。麻疹が常在化して小児…