2010-04-17から1日間の記事一覧

古病理学と江戸

必要があって、古病理学の成果として有名な書物をチェックする。文献は、鈴木隆雄『骨から見た日本人-古病理学が語る歴史』(東京:講談社、1998)縄文時代の日本には結核がなかったこと、大陸からの帰化人が持ち込んだこと、そして、おそらく、結核への罹…