2010-11-09から1日間の記事一覧

民族差と梅毒性精神病

必要があって、梅毒精神新病の民族差についての論文を読む。文献は、今村新吉「南洋における麻痺性痴呆」『今村新吉論文集』(東京:創造出版、2003)、192-219.今村新吉は京都帝国大学の精神科の教授で、フランスの影響が強い「フランス学派」の精神医学を…