2010-12-01から1日間の記事一覧

大正期の犯罪精神病―「殺人狂榊○鹿○郎」

必要があって、大正期に殺人事件を起こし、精神病を理由にして免訴になり、最終的に精神病院の内部で自殺した患者についての詳細な記録を読む。兵頭晶子『精神病の日本近代』が発掘した貴重な事例のひとつである。文献は、山本友香「所謂殺人狂榊○鹿○郎の病…