2012-08-10から1日間の記事一覧

芥川龍之介『或阿呆の一生』「路上」

芥川龍之介『或阿呆の一生』「路上」昭和2年に発表された芥川『或阿呆の一生』に、芥川が精神病院を訪問した記憶の断片を焼き付けたような一文がある。狂人たちはみな鼠色の着物を着ていて、そのために部屋はいっそう憂鬱になっている。一人はオルガンに向か…