2012-09-07から1日間の記事一覧

石川知福『随想』

石川知福『随想』(東京:労働科学研究会、1951)石川知福(いしかわ・ともよし)は、暉峻義等らと並ぶ、日本の労働科学・産業衛生学の開拓者の一人である。愛媛県で生まれ、松山中学校・鹿児島の第七高等学校を経て東大医学部の生理学を学ぶ。勤務は倉敷労…