2013-12-30から1日間の記事一覧

『<狂気は文明である>―精神医学の診断が社会的であったとき 1948-1980年』

Staub, Michael, Madness Is Civilization: When the Diagnosis was Social, 1948-1980 (Chicago: University of Chicago Press, 2011). 『<狂気は文明である>―精神医学の診断が社会的であったとき 1948-1980年』 20世紀後半の精神医学を、アメリカの文化…

精神疾患の患者自身による精神疾患―アンソロジー 

Bert Kaplan eds., The inner world of mental illness : a series of first-person accounts of what it was like (New York: Harper and Row, 1964). 精神医療の歴史には数多くの「アンソロジー」が出版されている。50年前の著作だが、すぐれたアンソロジ…

「痛みの現象学」コンファレンス(1月4日 東大駒場)

The University of Tokyo Center for Philosophy, Uehiro Research Division, Philosophy of Disability & Co-existence Project (UTCP/PhDC) 3rd International Conference Phenomenology of Pain Saturday, Jan. 4, 2014, 13:00-17:00 Venue: Komaba I Cam…