2014-02-06から1日間の記事一覧

探偵小説とハンセン病

細川涼一「探偵小説とハンセン病--国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男」仏教 (50), 122-129, 2000. 細川涼一「ハンセン病と勃興期の探偵小説--正木不如丘と小酒井不木」部落解放 (495), 40-49, 2002. 細川涼一「米田三星論ノート--探偵小説と医学」ヒストリア (17…

昭和戦前期の雑誌『優生学』について

横山尊「昭和戦前期における優生学メディアの性格―雑誌『優生学』を対象に―」『生物学史研究』no.85(2011), 1-20. 昭和戦前期の雑誌『優生学』は私も少しリプリントを読んだが、色々な意味で不思議な雑誌である。まずは雑誌を刊行していた後藤龍吉の正体が分…