2014-07-27から1日間の記事一覧

患者から見た症例誌―昭和戦前期の精神病院から

症例誌 / 診療録は、医療者側が、ある患者についての観察したことなどを記録した資料である。欧米の医学史研究においては最強というか必須の史料であり、このタイプの資料を用いて、20年か30年ほど前から色々な方面に医学史研究が発展してきた。 昭和戦前期…