2014-11-24から1日間の記事一覧

「若返り法」(榊保三郎)の何が間違っていると考えられたのか

榊保三郎の若返り法 『科学朝日』編『スキャンダルの科学史』(東京:朝日新聞社、1997)より。もともとは溝口元先生が1988年に『科学朝日』に書かれた記事。基本的で有益な論文。榊保三郎は九州帝国大学医学部の精神科の教授で、明治日本の医学と文化におけ…

社会医学史学会会報より

2014年11月に雑誌 Social History of Medicine の27巻4号が刊行され、付録の The Gazette No.67とともに送られてきた。社会医学史学会は、イギリスを主たるベースに活躍している医学史の学会で、その名の通り社会史の視点から見た医学史が主流になっている。…

「東電OL殺人事件」

桐野夏生『グロテスク』(東京:文芸春秋社、2006) 1997年の3月に起きたいわゆる「東電OL殺人事件」に取材した小説。事件そのものは、慶応の経済学部を卒業して東京電力という一流企業に勤務する39歳のエリート女性が渋谷で殺されたというものであるが、彼…