2018-06-14から1日間の記事一覧

元ナチスのSS隊員が戦後に論ずる優生学と人文学が混じった「馬鹿について」

https://de.wikipedia.org/wiki/Horst_Geyer Geyer, Horst et al. 馬鹿について : 人間-この愚かなるもの. 創元社, 1958. ホルスト・ガイヤー(Horst Geyer, 1907-1958) はドイツの神経科・精神科の医師。遺伝を重視した優生学と人類学の学問を吸収し、カイザ…

世帯と共同体と精神病院―17・18世紀オランダの大都市から

http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/0957154X17736236 History of Psychiatry の2018年3月に刊行された29巻1号に掲載された面白い論文である。精神疾患の患者の世帯に関して、17・18世紀オランダの史料を調べたもの。一つは貧困対策としての収容施…

英語で書かれたインドネシアの医学史の書物をインドネシア語に翻訳するプロジェクト

uk.gofundme.com Vivek Neelakantan 先生が、スカルノ時代のインドネシアの科学と公衆衛生、そして国家建設に関する最初の英語の書物を刊行されました。オーストラリアのシドニー大学のハンス・ポルス先生のご指導の産物です。同書は素晴らしい書物ですが、…