2018-12-01から1日間の記事一覧

エコノミストから今年の本を二冊

土曜日のエスプレッソは、今年の本をいくつかのジャンルから選んだもので、名前を聞いたものや買って読んだものもあった。これを12月に読んでおこうと思って選んだ二冊が、わりと正反対の立場のものである。一つが現在の状況を肯定するもの、もう一つがたぶ…

20世紀前半の日本での麻薬の売り方について

梅原, 北明. "阿片考." グロテスク, vol. 2, no. 1, 4, 1929, pp. 19-38, 140-173. 高田, 義一郎. "東西毒薬奇談." グロテスク, vol. 2, no. 7, 8, 1929, pp. 139-144, 142-147. 薬の歴史に関して少しリサーチをしている。まったくの偶然で『グロテスク』と…

松沢病院と女性患者たちと蘆原将軍の経済と弱気な新聞記者 (1928)

『グロテスク』の医療と薬物関係の記事を読んでいる。その中で松沢病院を訪れた面白い記事を読んだのでメモ。 尾高、三郎. "天下無敵の誇大妄想狂 蘆原将軍と語る." グロテスク, vol. 1, no. 1, 1928, pp. 129-135. 梅原と一緒に松沢病院に行く。そこで梅原…

クリムトと日本・中国・ビザンチン帝国

www.royalacademy.org.uk ロンドンの RAでクリムトとエゴン・シーレ。今回も観ることができないが、クリムトとシーレの手書きの描画がたくさん出てくるという、RAのような大美術館としてはむしろ新しい企画であるとのこと。この「60秒でマスターできるクリム…