読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒死病と細菌学―大阪大学グローバルヒストリー・セミナー(11月6日)

廣川先生から大阪大学で開催される、歴史と細菌学の文理融合の講演のご案内がありました。興味深い試みですね。

 

★第44回のお知らせ

下記の様に、新規に発足した大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究
部門および文学研究科グローバルヒストリー研究クラスターとの共催で、イギ
リス・オクスフォード大学グローバルヒストリー研究センター所長のJames
Belich氏をお招きして、セミナーを開催いたします。
 今回は、文理融合の研究テーマを議論する初めてのケースになります。コメン
トは、細菌学がご専門の竹田美文先生と、GH研究部門の中核メンバー古谷先生に
お願いしました。オクスフォード大学とは、来年4月から、6大学共同でグローバ
ルヒストリー国際共同研究を始める予定です。
ご多忙とは思いますが、皆さんの積極的な御参加をお願いします。

日時:2014年11月6日(木)16:00-18:00
場所:大阪大学豊中キャンパス・大阪大学会館2階・会議室
講演:James Belich (Beit Professor of Commonwealth and Imperial History
at the University of Oxford, a fellow of Balliol College, and Director
of the Oxford Centre for Global History)
"The Black Death and European Expansion"

コメンテーター:竹田美文(公益財団法人野口英世記念会副理事長、元国立感染
症研究所所長)・古谷大輔(大阪大学言語文化研究科准教授)

セミナー終了後、石橋にて講師・コメンテーターを交えた懇親会を行いますの
で、そちらにも御参加いただければ幸いです(懇親会については、事前の連絡を
お願いします)。

大阪大学グローバルヒストリー研究会
(連絡先:06-6850-5675  akita@let.osaka-u.ac.jp
大阪大学未来戦略機構・グローバルヒストリー研究部門(第9部門)
文学研究科・グローバルヒストリー研究クラスタ
(以上)