読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神病院の症例誌のオンライン化

症例誌は医学と医学史の双方にとって最も重要で豊かな史料であり、欧米においては、過去四半世紀にわたって、医学史研究の中枢の資料として用いられています。日本では症例誌を研究と教育に利用できる環境が少ないため、あまり利用されていません。これは、ロンドンのウェルカム医学史図書館が提供している、19世紀イギリスで富裕層向けの精神病院であったタイスハースト病院について、1793年から1925年までのすべての症例誌をオンラインで読めるようにするサイトです。症例誌をどのように読むかという主題を中心に、学部や大学院の演習に向いています。タイスハーストについては、シャーロット・マッケンジー先生の以下の著書が有益です。

 

Amazon.co.jp: Psychiatry for the Rich: A History of Ticehurst Private Asylum 1792-1917: Charlotte MacKenzie: 洋書

 


A Victorian lunatic asylum begins to reveal its secrets | Wellcome Library