読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療機器のグローバライゼーション:20世紀前半

Donze, Pierre-Yves, “Multinational Enterprises and the Globalization of Medicine: Siemens and the Business of X-ray Equipment in Non-Western Markets, 1900-1939”, Enterprise and Society (2014) 15 (4): 820-848.

論文サイト

http://bit.ly/1wu0Rcd

 

世界最初のグローバルな医療機器であったX線撮影装置。世界市場を寡占した多国籍企業であったシーメンス社。日本では1920年代に島津に敗れたが、ブラジル、中国、アフリカなどでは大規模病院の大施設を拡大。しかしより小規模の開業医にはアピールしなかった。