読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の庭から・クレマチス・ドウダンツツジ・カラミンサ

夏の庭から。

 

クレマチスは、「花」と呼ばれているものが、植物学的には実は「萼」(がく)で、この時期にできる種子も、花火のような面白い形をして綿毛がついている。これが絡み付いているのが面白い。種子の写真と、参考までに「花」の写真。

 

ドウダンツツジも、この時期には種ができて、花一つ一つに種がついて、優曇華うどんげ)のような姿になる。

 

もう一つはカラミンサ。真夏でも白い爽やかな小さな花を咲かせ続ける丈夫な宿根草。ミントの香りがして、花は甘く、マルハナバチが飛んできては蜜を吸う姿が絵になる。

 

f:id:akihitosuzuki:20150720085301j:plain

 

f:id:akihitosuzuki:20150613090051j:plain

 

 

f:id:akihitosuzuki:20150720085227j:plain

 

f:id:akihitosuzuki:20150720085430j:plain