読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ラウトレッジ 狂気と精神医療の歴史』が新刊されました! 

https://www.routledge.com/The-Routledge-History-of-Madness-and-Mental-Health/Eghigian/p/book/9781138781603

 

ラウトレッジから『狂気と精神医療の歴史』が新刊されました。グレッグ・エギガン先生が編集した精神医療の歴史の大全であり、この段階で出すことができる最高の書物です。世界各地の多くの地域を主題として取り上げ、近現代の精神医療が持つ複雑な構成に対応する主題を論じることができる学者を動員して編集されたものです。地域としては、もちろん欧米が中心ですが、他の地域も積極的に取り上げられており、ラテンアメリカ、南アジア、アフリカ、日本が選ばれています。主題としては、精神病院、精神疾患の分類、宗教、文学と芸術、視覚芸術、精神医療の「マテリアル・カルチャー」、患者の視点、高齢社会、情動、身体療法、心理療法など。全体で400頁、21章からなっています。

この半世紀ほどの精神医療の歴史は、ミシェル・フーコーやロイ・ポーターといった物故した偉大な思想家や学者たち、ハーマン・ベリオスやアンドリュー・スカルなど、今でも活躍している優れた学者たちの仕事を出発点として目覚ましく発展しました。多様な主題にわたって、医学だけでなく人文社会科学の視点や方法を取り込んで、発展と洗練を続けている領域になりました。私は30年以上にわたって、学生・学者としての研究のほとんどを精神医療の歴史に注いできましたが、30年間で、私たちはここまで来ることができたのかという感慨を持っています。

編集のエギガン先生からの新刊のメールに答えて、執筆者たちから、お祝いと興奮の言葉が駆け巡りました。その中の一人が入れてくれたサイトを、私も添えます。We are the champions!  

https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY 

書物の性質上、ハードカバーで132ポンド、e-Book で110ポンドと、多少高価な書物です。研究費や図書館などを通じてお買い求めください。

 


目次は以下の通りです

 

Greg Eghigian ed., The Routledge History of Madness and Mental Health (London: Routledge, 2017)

Table of Contents

List of figures

List of contributors

Introduction to the history of madness and mental health

Greg Eghigian

Part I. Madness in the ancient and medieval worlds

1. Representations of madmen and madness in Jewish sources from the pre-exilic to the

Roman-Byzantine period

Madalina Vartejanu-Joubert

2. Ancient Greek and Roman traditions

Chiara Thumiger

3. Madness in the Middle Ages

Claire Trenery and Peregrine Horden

Part II. Professions, institutions, and tools

4. Healers and healing in the early modern health care market

Elizabeth Mellyn

5. The asylum, hospital, and clinic

Andrew Scull

6. The epistemology and classification of 'madness' since the eighteenth century

German E. Berrios and Ivana Marková

Part III. Beyond medicine

7. Psychiatry and religion

Rhodri Hayward

8. Madness in Western literature and the arts

Ilya Vinitsky

9. Psychiatry and its visual culture, c. 1800–1960

Andreas Killen

Part IV. Global dimensions, colonial and post-colonial settings

10. Madness and psychiatry in Latin America’s long nineteenth century

Manuella Meyer

11. Histories of madness in South Asia

Waltraud Ernst

12. Mad Africa

Sally Swartz

13. Voices of madness in Japan: narrative devices at the psychiatric bedside and in

modern literature

Akihito Suzuki

Part V. Perspectives and experiences

14. The straightjacket, the bed, and the pill: material culture and madness

Benoît Majerus

15. From the perspectives of mad people

Geoffrey Reaume

16. Dementia: confusion at the borderlands of aging and madness

Jesse Ballenger

Part VI. Maladies, disorders, and treatments

17. Passions and moods

Laura Hirshbein

18. Psychosis

Richard Noll

19. Somatic treatments

Jonathan Sadowsky

20. Psychotherapy in society: historical reflections

Sonu Shamdasani

21. The antidepressant era revisited: towards differentiation and patient-

empowerment in diagnosis and treatment

Toine Pieters

Index