2007-08-11から1日間の記事一覧

ゾラ『ナナ』

久しぶりにエミール・ゾラの『ナナ』を読む。文献は、エミール・ゾラ『ナナ』川口篤・古賀照一訳(東京:新潮文庫、2006) ゾラは医学史の研究者に良く読まれている作家である。彼の作品が、遺伝とか退化とか変質といった、19世紀後半から20世紀の社会にとっ…