2007-12-28から1日間の記事一覧

『ローズマリーの赤ちゃん』

未読山の中から、アイラ・レヴィン『ローズマリーの赤ちゃん』高橋泰邦訳(東京:早川書房、1968) を読む。あまりに未読山に長くあったので、なぜこの本を読まなければならないのか分らなかったけど、少し読み出して、これは必読書だと思い出した(笑) 同…