2008-09-08から1日間の記事一覧

アッカークネヒト『精神医学小史』

必要があって、アーウィン・アッカークネヒト『精神医学小史』を読む。石川清・宇野昌人の翻訳の第二版が1976年に医学書院から出ている。医者が書いた書物や論文の中の精神医学上の業績が、古代からクロルプロマジンの発見まで鳥瞰的に語られている本。翻訳…