2008-11-11から1日間の記事一覧

古代と中世のマラリア治療

必要があって、平安時代から室町時代にかけての瘧の治療を論じた論文を読む。文献は、上野勝之「日本古代・中世における疾病認識の変容―瘧病史点描―」『京都大学総合人間学部紀要』9(2002), 99-116. 私の乏しい日本の古代・中世医学史の知識では、平安時代と…