2008-11-16から1日間の記事一覧

江戸時代の「マラリア」

必要があって、江戸時代の「瘧」についての記述を読む。文献は、和田東郭『蕉窓雑話』近世漢方医学書集成15(東京:名著出版会、2001)和田東郭(1743-1803)は京都の医師、近世派と古方派を折衷したいわゆる折衷学派の名医である。彼の談話を書きとめたもの…