2010-05-24から1日間の記事一覧

『帝国日本と人類学者』

必要があって、日本の人類学の歴史を論じたスタンダードな書物を読む。文献は、坂野徹『帝国日本と人類学者 1884-1952』(東京:勁草書房、2005)すぐれた書物で、日本人類学が成立するときのオリエンタリズムの問題、日本内部の他者(アイヌ)と日本人の起…