2011-02-09から1日間の記事一覧

宇野浩二の精神病

作家の宇野浩二は精神病にかかり、昭和2年の夏に二カ月余りにわたって東京・滝野川の小峯病院に入院した。水上勉『宇野浩二伝』(東京:中央公論社、1973)429-510. から、その模様をまとめる。 宇野浩二は作家としてデビューして以来、人生に追い立てられる…