2014-07-11から1日間の記事一覧

眞嶋亜有『「肌色」の憂鬱―近代日本の人種体験』(東京:中央公論新社、2014)

眞嶋さんから新刊のご著書をご恵贈いただきました。ありがとうございます。近現代の日本の主に文学や思想から題材をとり、西洋化・文明化を懸命に試みていた国家と社会に生きる知識人にとって、肌の色が違うという情け容赦ない現実は何を意味したのかを問う…

進行麻痺と器質痴呆

進行麻痺について基本的なメモ。精神医学辞典や Wikipedia などから。 進行麻痺 (general paralysis, GPI) は、梅毒が進行して第四期となり、脳実質が侵された時に発症する精神疾患である。1822年にパリの Antoine Bayle によって独立した疾患として記述され…