2018-11-07から1日間の記事一覧

渋沢栄一と勘当の話

渋沢栄一 (1840-1931) をご存知の方が多いと思う。私はいま本を書いている東京の精神病院の近くに住んでいた人物である。渋沢は時々その精神病院と関係を持つこともあるから、基礎的な文献である岩波文庫の『雨夜譚』を読んでみた。残念ながら精神病院そのも…

敗戦直後の迷信の実態と国家の迷信という問題

迷信調査協議会, et al. (1949). 迷信の実態, 技報堂. 子宮頸がんとワクチンとの関係で女性の迷信の集団発生に関して調べている。敗戦の直後に文部省が日本全国の各地において迷信がどう信じられているかを組織的に調査し、その結果を発表したもの。1946年に…