2019-05-01から1日間の記事一覧

バラと爆撃とペニシリン

mosaicscience.com ペニシリンは世界で最初に作られた抗生物質であり、20世紀後半の医療を大きく変えた物質である。抗生物質は、英語では antibiotics と呼ばれている。微生物が作り出して、疾病の原因となる微生物の発育を阻害する物質である。それよりも少…

君主制という制度は世界で終わっていないこと

www.economist.com エコノミストの重要な記事。21世紀になってから世界で君主制が終わっていない。20世紀の後半である1980年代から現代にいたるまで、世界での君主制の現象は完全に止まっている。イギリス、デンマーク、日本、オランダ、スペイン、タイなど…