『サロメ』と狂女のような月

www.nntt.jac.go.jp

新国立劇場は来年の5月にリヒャルト・シュトラウスサロメ』を上演する。もともとはワイルドが書いたものからドイツ語となったものである。私も何回か観たことがあるが、音楽も演出も退廃と耽美という言葉がぴったりである。サロメを歌うソプラノは、ブルガリア出身のアレックス・ペンダ。彼女の母親もヴァレリー・ポポワというブルガリアを代表したソプラノ。一族にも著名な音楽家たちばかりだとのこと。祖父も著名であるが、女性との関係も派手だったとのこと。ブルガリアのゲーナ・デミトローヴァというソプラノに習ったことがあるとのこと。
 
作品について。ワイルドはもともとはフランス語で書き、それを友人・恋人のアルフレッド・ダグラスが英語にした。こちらは私は読んだこともなかった。私は福田恆存の訳を岩波文庫で読んだことがあり、もちろんドイツ語のオペラは何回か聴いている。何か混沌としていると思い、英語版を50円くらいで買って読んでみた。西脇順三郎を思わせるように、豪華さと死と狂気と性についての耽美主義がよく伝わる英語である。ヘロデ王が月に関していうセリフから。
 
The moon has a strange look to-night.  Has she not a strange look?  She is like a mad woman, a mad woman who is seeking everywhere for lovers.  She is naked, too.  She is quite naked.  The clouds are seeking to clothe her nakedness, but she will not let them.  She shows herself naked in the sky.  She reels through the clouds like a drunken woman...  I am sure she is looking for lovers.  Does she not reel like a drunken woman?  She is like a mad woman, is she not?

 

コルチクム

数日前にコルチクムという薬物と改良した結果の園芸植物について書いた。その時に、探していた一番重要なレファレンスがどこかに行ってしまったこと、実際に見たレファレンスには何も掲載されていないことなどでがっかりしていたのだが、一番重要なレファレンスが今日見つかった。J. Worth Estes, Dictionary of Protopharmacology: Therapeutic Practices, 1700-1850 (1990) というテキストで、これがあると欧米のこの時期の薬学原型について知らなければならないことがよくわかる。もちろん力強く掲載されていた。
 
Root (actually, the corm) of meadow, saffron, widely neglected because of its toxicity until Dr Anton Stroerck of Vienna and others began to popularize it in the 1760s.  Used chiefly as an anodyne narcotic in gout and as a potent but undependable diuretic and diaphoretic in various fevers.  Side effects include vomiting, bloody stools, severe abdominal pain, bradycardia, and stupor, as the dose increases.  The active alkaloid, colchicine, isolated in 133 by Philipp Lorenz Geiger and Germain Henri Hess of Heidelberg, is still important in the therapy of gout.  

娼妓・芸妓、私娼・カフェーの女給

草間, 八十雄 and 憲彦 安岡. 女給と売笑婦. vol. 続編第9巻, 日本図書センター, 1982. 近代婦人問題名著選集.
 
娼妓、芸妓(げいぎ)、私娼、カフェーの女給など、東京では多くの売春組織、あるいは売春と結びついている産業があった。それぞれの組織やメカニズムの動きに関しては難しすぎるのでよく分からない部分が多い。このような空間で仕事をしている女性たちの数を特定することも非常に難しいが、念のため。娼妓でいうと日本全国で1925年前後に約50,000 人、一位は大阪で8,000人、二位は東京で6,000人弱、三位は京都で4,000人である。芸妓は全国で80,000人、一位は東京で10,000人、二位は愛知で6,400人、三位は大阪で5,800人。私娼風の女性は全国で110,000 人、一位は東京で36,000人である。
 
この女性たちがこの業界に入り、売春を行った大きな理由は家族の貧困であり、父親を中心にした家族の病気に対応する費用を出すためであり、両親が死亡して親族に引き取られ、そこから売春の世界に入れさせられたことである。家族の職業は労働者で無産階級の女性が多い。

西ニューギニアの疾病

小林, 宏志 and 服部敏 . 西ニューギニアの衞生事情. vol. 4, 日本評論社, 1945. 南太平洋叢書 / 太平洋協會編.
 
たまたま西ニューギニアの衛生と疾病についてのパンフレットがあった。1945年に刊行されている。小林宏志 (1915-2005) は京都帝大卒。内科と法医学を学び、帰国後には著名な大学で講師や助教授となり、広島大学で医学部長となる。
 
コッホが免疫効果を論じ、幼少時から経験しているものはマラリアに対する免疫が発達すると論じた。これまでドイツや日本がこの地域で人体実験を行い、原住民がキニーネをとらずにマラリアの蚊に刺されるということをしてみたが、その通りにマラリアによる死亡者はいなかった。ただ、やはりキニーネや高級な薬は必要である。原住民は、患者を火の傍らに移し発汗させ、悪霊を身体より駆逐しようとしていた。しかし、現在ではキニーネの効用をマスターしている。
 
この地域はこれまで外界から孤立していたので、天然痘に関しては未経験であるため大流行になることが多かった。(この史実が頭に入っていませんでした!)そのため、1908年に持ち込まれた患者によって大流行が起き、ソロン島では全人口の1/3が死亡した。それから10年ほどこの地域の諸島で流行がおき、1917年に種痘がはじまった。その際にトラブルもあったが、天然痘は衰退していく。
 
耕作、軽工業、工場の労働者が現れて、そこに結核の患者が現れ始めている。
 
フランベシー
とても多い。

猫背・せむし・円背(えんはい)

今日の医療英会話では 「えんはい-円背」と項目があり、英語として round back という単語が挙げられていた。別の英語としては rounding of the back, そして kyphosis というギリシア語。何だろうと思っていたら、猫背と訳されていた humpbeck, せむしと訳されていた hunchback に軽蔑的なスティグマがあるから round back という語で置き換えるとのこと。hunch、hump, そして round という単語は、いずれも背中を丸めるという感じがある。なるほどなと納得した。また、kyphosis という単語は、英単語の世界の得意技の19世紀のギリシア語で、過剰に丸くなるという意味である。説明は hunchbacked である。「えんはい」という日本語は、私が知る限りではあまり使われていないというか、私が初めて出会った。ただ、よくできた単語で、これから私は頑張って使うことにします。

医療英会話027

医療英会話キーワード辞典。一日3ページずつ音読。今日はpp.76-79. 「エルゴメータ」から「えんりょ 遠慮」まで。これで「え」が終わりです。

エレベーター
Take the elevator to the fifth floor.


Please draw a circle.
Special rooms cost ten thousand yen.

遠位 えんい
distal, distal muscular dystrophy

煙害
smoke pollution, damage caused by smoke

遠隔
distant, remote

延期
We are going to put off the surgery for a while.
We do not want to put off the surgery for too long.

遠近感
Do you have any problems with your sense of distance?

嚥下
Do you have any problems with swallowing?

園芸
horticulture, gardening
horticultural therapy

エンゲル係数
Engel's coefficent

遠視
Have you ever been told that you are farsighted?

援助
help, assitance, support, aid
Would you like some help?
Please call this number if you need any help.

炎症
Your chest X-ray shows there is an inflammation in your lungs.
This inflammation will go away in a few days.

遠心
centrifugal, efferent

塩素
Chlorine bleach can be used as a disinfecting agent against norovirus.

延滞金
I am afraid that your payment is delayed. If you fail to pay your bill by the end of next month, we will have to ask you to pay the late payment charge.

延長
extension, renewal, continuation
Would you like to extend your stay in Japan?
To have the treatment, you need to apply for a visa extension.
Today's test is a continuation of yesterday's.

炎天下
work outside in the sun.

塩分
salt, salt content
Are you limiting your intake of salt?
You are getting too much salt.

遠方
a long way, all the way
Thank you for coming a long way to visit us.
Don't you find it hard coming such a long way to the hospital?

延命
If you have an incurable, irresersible medical condition or if you have a terminal condition, would you like to be put on life support?
You can cancel or change your directive about life support treatment at any time?
She does not want to be put on a life support.

遠慮
If you need any help, please do not hesitate to push the call button.
Please refrain from using mobile phones in your room.
Excuse me, but would you mind not smoking in the waiting room?
Only family members may enter the unit.

死と精神病院

aeon.co

 

JSTOR で出会ったアルツハイマー患者が何を憶えているかに関する論文。とてもよかったです。

 

精神病院における患者の死亡や、死亡にいたる過程は、これまで注目されなかった大きな現象である。これまでは、あまり取り上げられていないか、否定的に捉えられてきたと考えられている。死そのものはもちろん、死亡にいたる過程も、患者の精神や意識や人格に、喪失が起き、短期で記憶などが崩壊し、支離滅裂になり、そして改善しない状態、すなわち「生存している死」に移行するような状態だと前提されてきた。
 
精神病院における死は、1920年代から40年代までの東京の代用精神病院において、大きな意味を持ち続けている。長期滞在の患者の多くに関しては、医者たちと看護人たちの対応がかなり異なる。医者の病床日誌への記入は急激に大幅に減少する。多くの場合、毎日ゴム印が押されている現象となる。それに対して、看護人たちの看護日誌への記入は、たしかに減少するが、長期間継続される。長期にわたって病床に大きな変化がなくなった場合でも、看護日誌のページの冒頭に当時の状況を書き、それから2週間ほど「変化なし」と書き、次のページの冒頭に当時の状況を書き、それから2週間ほど「変化なし」と記入する。2週間に一回くらいは、看護人たちが、患者はどのような状況なのかということを観察することが重要なポイントである。
 
この記入は非常に多様であり、患者の行動をできるだけとらえようとしている。診断から予想される状況に従うというよりも、
 
Our research increasingly shows that, rather than attempting to bring dementia patients into the present, we must learn to visit the past – which is their present – to understand the memories and events that define the person at this moment in time. Inherent to this approach is understanding the idiosyncrasies of the person you are caring for, interpreting the behaviours that might appear challenging as an unmet need, and resolving some of the discontinuity between individuals and their current surroundings – not a trivial undertaking for care workers who are often overworked and time-poor.