多重人格と捏造と母親の問題

Schreiber, Flora Rheta. 失われた私. 巻正平訳. 早川書房, 1978. ハヤカワ文庫.
Schreiber, Flora Rheta. Sybil: The True Story of a Woman Possessed by Sixteen Separate Personalities. Penguin, 1975.
Hacking, Ian, “Making Up People”, London Review of Books, vol.28, no.16, 17 August 2006.

 

母親が旦那と協力して子供を虐待した事件で、検察が懲役15年、裁判が8年ということを知る。色々あるだろうが、私は長いのかもしれないと思った。その関係で、以前から読んでみたかったシュライバー『失われた私』を読む。もともとはハッキングの論考で知った歴史的な事例である。ハッキングの議論の中で、アメリカの精神医学のある部分が、この30年くらいの期間に劇的な変化と不安定化を経験していること、そこには、社会による解釈と、それに合わせた患者自身の自己規定が調和していく過程があるというような議論である。そこで「多重人格」という概念の爆発的な流行が用いられていて、面白い歴史的な事例であるが、私はその書物を読んだことがなかった。母親の責任を少し考えたこと、時間ができたので、読んでみた。

もともとは1970年代にフローラ・シュライバーという女性ジャーナリストの著作が大ベストセラーとなったことが発端である。コーネリア・ウィルバーという女性の精神分析医が、ある女性患者を「シビル」と名付けて10年以上にわたって診療したこと。シビルが母親によって虐待されたことを通じて「多重人格」の患者となったこと。シビルは全体で16の人格を持つようになったこと。そのことを組み立ててシュライバーは劇的な書物を書いた。1973年に刊行された書物は、英語の書物として40万部を一気に売り、全体としては600万部の売り上げを記録した大ベストセラーとなった。

この現象を通じて、多重人格の診断が劇的に増加した。「それまでは多重人格の診断は全体で200件くらいしかなかったが、1970年代から80年代には数万件の診断があった」という冗談のような事実もあった。1970年代・80年代は、「多重人格」という診断や、それに基づく社会の態度や、それに自らをあてはめた患者の自己認識と振舞いが流行した時期である。その社会における態度の中で論争の中核は母親と子供の間の緊張した関係である。シビルが母親にどれだけ虐待されたのか、その結果多重人格になってしまったという物語である。

それに対して、1990年代には、精神医学の診断が変わり、アメリカ社会が変わり、患者の自己認識と振舞いが変わる中で、多重人格の概念は崩壊して、解離性同一性障害という名称となって残っている。母親や父親のが、「多重人格」という概念が急激に没落する。たまたま私が買った翻訳の文庫本では英語の原作でも最初の翻訳でも使われていたなかった「多重人格」という言葉が使われているが、そこには確かに一世代前の流行語である。

さらに、これは読んでいないが、シュライバーとウィルバーが協力して、さまざまな記憶を捏造したという書物もある。2011年に出版された Sybil Exposed という書物で、アメリカのアマゾンでは200人くらいの人々が熱烈に応援している。おそらくいい本なのだろうが、主張も極端な気がする。難しいですね。

『近現代日本の民間精神療法 不可視(オカルト)なエネルギーの諸相』を頂きました!

f:id:akihitosuzuki:20190917144122j:plain

吉永先生が編集され、中尾麻伊香さんと奥村大介君が素晴らしい論文を掲載しています!

近現代の日本の民間精神療法。非常に高い水準の書物が刊行されました。中尾さんや奥村君の素晴らしい論文はもちろんですが、最後の100ページ弱は、民間精神療法・主要人物および著作ガイドになっており、重要な人物を探すことができます。さまざまな意味で、必携の一冊です。

『図説 医学の歴史』の書評です!

私たちに敬愛されている坂井建雄先生の著作である『図説 医学の歴史』が刊行されました。医学史の一般教科書とは何かを考えた時に、一つの方向を完成させた書物です。一方で、その方向を私がどう考えるのかという批判的な部分も書きました。

しかし、それにもかかわらず、この書物は医師や看護師などの医療関係者、世界の各地域の歴史研究者、その他の多くの研究者にとって、必携の一冊であることは間違いありません。私が知る限りでは、その方向の中であれば、世界一の書物です。『医学界新聞』に書評を書いています。PDFをご覧ください。

 

https://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/pdf/3338.pdf

 

朝鮮移民と精神病院

20世紀前半の朝鮮人の移民 Korean workers について、英語の本からデータを拾って、背景の部分を作った。
 
朝鮮移民は、帝国主義の歪みの中で作られた悲惨な状況を味わった人物が非常に多かった。ことに患者Aに関しては、1920年代から30年代にかけて非常に多かった公共土木工事の労働者である可能性が非常に高い。
 
朝鮮において日本に売るための米作が非常に発達するが農村の小作農が貧困化していくことと並行して、多くの朝鮮移民が公共土木工事の労働者になっていく。日本人でも多数の下級労働者が土方として労働していたが、朝鮮移民に関しては、東京周辺でも日本人の労働者よりも数的に多かった。これは1928年の東京市の統計で、失業登録をする日雇労働者に関して、それまでの職業のタイプを答えてもらったものである。この中で、工場労働者、商業関係、交通関係などに関しては日本人労働者が圧倒的に多いが、公共土木工事と農業に関しては、朝鮮移民が全体の2/3を占めるほどで、その数がはるかに多い。
 
  Japanese Korean Total Percent Japanese Percent Korean
Factory or Mine 1,380 222 1,602 86.1 13.9
Public Works 2,997 5,369 8,355 35.8 64.2
Commerce 787 159 946 83.2 16.8
Agriculture 1,763 3,743 5,506 32.0 68.0
Fishery 28 0 28 100.0 0.0
Transportation 310 16 326 95.1 4.9
Demostic 28 2 30 93.3 6.7
Miscellaneous 434 112 546 79.5 20.5
 
 
公共土木工事は、日本の急速な都市化と近代化を支える、この時期の土木、上下水道、道路、鉄道、河川、港湾などに関する急速な発展を背景にするとよくわかる。それぞれの項目につき、東京や大阪ではその都市部や周辺に関する予算の増加を見ることができる。1914年と1936年における東京における増大を例にとると、道路建設の費用が2600万円から1億7700万円、河川工事の費用が2800万円から8500万円へとなっている。その他の事業においても劇的な増大と朝鮮移民の就業が見られている。患者Aは、このように植民地から本土への労働力の移動という日本の歴史の大きな動きの一部である。
 
もう一つ、この部分は若干の推量があるが、患者Aは土方として飯場において親方に管理されて生活していたのであろうと考えられる。飯場は労働作業の現場であり、比較的近くに居住できるようにバラックと呼ばれる建物が作られている。「バラック」という言葉そのものが、1920年代に日本でも用いられている。細井和喜蔵の『女工哀史』(1925) では「右の工場は山間僻地に在って建築等も殆どバラック式であり」と使っている。そこで家賃や食費や酒・たばこなどを別々に払うのではなく、それらが一括された飯場料を払うという形になる。この飯場料は、京都の1930年前後のデータによると、朝鮮移民の日給が1円20銭から2円の場合、50銭から70銭となり、35%から45%を超える数字になる。この部分を管理するのが飯場頭(はんばがしら)であり、彼らは日本人であったり、移民して成功して飯場頭として雇われた朝鮮人であった。患者Aが病院内部で行ったある経済行為を社会に位置づけすると、日給から一定の飯場料を払うというシステムの中で生活していたのだろうと考えられる。
 
Kawashima, Ken C. The Proletarian Gamble: Korean Workers in Interwar Japan. Duke University Press, 2009.

遺産が持つ意味と歴史ドラマ

土曜日の エコノミストエスプレッソ。今日は特別に面白い記事。

ダウントン・アビー』という人気歴史ドラマがある。イギリスのTVで上映して大成功だった。私はそれほど観ていないが、妻と娘はDVDを買って熱心に観ていた。基本はイギリスの大貴族がアメリカの美女と結婚するという話を軸にして、第一次大戦期のイギリスの状況を描いたものである。負傷兵に対する医療や、戦争神経症の話もばんばん出てきた。これが、新たに映画化されて、いい評判であったとのこと。

問題は遺産相続という制度である。アメリカの美女が大貴族と結婚する大きな動機は、彼のさまざまな遺産を相続できることである。いつ下降が始まったのかわからないが、1900年からは遺産が国家の収入に占める割合は1920年代にはまだ高かった。それ以降にも相続の価値は下降し、私が留学していた1980年代から90年代は非常に低かった。しかし、それから上昇が始まり、2020年以降もしばらく上昇が続くとのこと。

 

f:id:akihitosuzuki:20190914092122j:plain

遺産が国家の収入のどれだけの割合を占めているかというグラフ。私が留学した折には、一番低い時期だったのですね。

 

睡眠と古事類苑

福武敏夫「漢字から見る神経学」。『週刊医学界新聞』で楽しみにしている月一回の項目。今回は「睡眠」が掲げられている。睡眠という言葉自体は前漢の『易林』に現れているだろうとのこと。「睡」は、花が垂れることで、目が垂れることだろうとのこと。眠は複雑で難しかったが、医学によれば、睡よりも深度が大きな現象ではないかとのこと。これは人の片目を針で潰す、奴に対する行為であるとのこと。
 
「眠」を白川先生の『字通』で引いて、眠は難しいなと思っていていた際に、偶然、「みん」の前のエントリー「ミリメートル」であるとわかる。漢字は「ミリメートル」。厘や毛などの単位名を米(メートル)に対しておき、そして、それはミリメートルという読み方しかないからということなのだろう。ちなみにセンチメートルというエントリーもあったので、大きな安心を感じました(笑)
 
それよりも私にとっては巨大なニュースであり、非常に恥ずかしい話が『古事類苑』のこと。その言葉は聞いたことがあるが、一度も自分で引かなかったと言っていい。ものすごく恥ずかしい。明治期から大正期にかけて、和装で1000巻のものが刊行された、巨大な百科事典である。日本文化研究センターで古事類苑をかなりの部分にわたって電子化している。幸いなことに、医学に関連する部分や、動植物に関連する部分は、基本的に読めるようになっている。ほとんどの研究者が使えるだろう。医学関連は「方技部」にかなりの量が収められているので、次の講義ではさっそく使ってみます(笑)