薬袋紙(やくたいし)についてメモ

薬を包む「薬袋紙」(やくたいし)についてメモ。私が子供のころの50年くらい前には、薬袋紙に粉薬が分包されている光景がかすかに記憶に残っている。読んだ本は池田寿『紙の日本史ー古典と絵巻物が伝える文化遺産』(東京:勉誠出版、2017)

ヨーロッパ・イスラムと日本の医療や治療の違いを考えるとき、いくつかのヒントがある。前者においては体液の操作が治療で重視され、後者では薬が重要であるということである。ヨーロッパではやはり瀉血や下剤が中心となった。一方で、日本では、相対的な強さにおいては、薬が強く、瀉血と下剤が処方される割合は少ないという印象を持っている。もちろん江戸時代の古方は下剤に熱く注目する方法だが、それがどれだけ激しい反論を読んだのか、そして明治以降に西洋医学が中心になってから、日本の漢方医学も古方らしさを強めたことも、<もしかしたら>19世紀のヨーロッパ医学の体液性を語っているのかもしれない。

池田が論じている箇所は短いが、とても面白い。『かげろふ日記』、奈良西大寺から発見された叡尊の筆で五薬五穀と書かれている薬袋紙もある。ここで薬を包む仕方は『香薬包様』だという。17世紀の笑い話の『醒睡笑(せいすいしょう)』にも言及されている。南北朝時代の創作である『福富草紙』においては、薬師は、薬研で磨り、棹秤や分銅で重さをはかったものを、薬袋紙に包んで患者にあげるというシーンが描かれている。江戸時代には、薬袋紙は、富山の薬売りと知られた越中八尾産の紙と土佐特産の紙があった。引っ張っても破れない強さ、厚さにむらがない紙であった。

中野操「想い出の富士川游先生」

思文閣が復刻している日本医史学会の機関紙『日本医史学雑誌』(昭和2年から15年末まで『中外医事新報』のタイトルで刊行)の月報を読んでいて、面白い記事があったのでメモ。「月報1」の中野操「想い出の富士川游先生」からである。

日本医史学学会がつくられたのは昭和2年、大阪には昭和13年に別の医史学の学会が作られることとなった。会名は杏林温故会、会員は全国から同好の士をつのること、機関誌は『医譚』という名称であることなどが決まった。その時に、日本医史学会の指導者であった富士川游から祝辞をもらうことができた。その祝辞を転記しているのがこの記事である。祝辞はとてもよく、現在の多くの古いタイプの医史学者にとって心が洗われる文章であろうし、私のような新しいタイプの医学史の研究者も深く感じることができる個所が多い。一方で、いまから80年前の医史学研究にはこの視点がなかったのだなと思う点もある。富士川の祝辞の素晴らしい個所を2か所、そして足りない視点を1か所指摘したい。

まずは、医学史と科学史の違いの形で書いている文章である。これは、現在の多くの科学史家も富士川のような捉え方に共感していると思う。富士川の文章は、医学史には、科学史のような思想の歴史だけでなく、文化と社会の中の実践も必要であるということである。

「医史学は固より科学史として医学に於ける思想の発達を史学的に検討するものであるが、しかも文化史としてその研究の範囲はこれに限るものではない。医学を応用する実際的方面の医術、又医術を実施する医人の地位などに関しても史学的に研究せねばならぬ。」

科学史の思想への注目だけでなく、より広い文化に着目すること、そして医療を行う医者に注目しろという議論である。

次が、疾病に対する注目である。富士川はこのように書いている。

「医術の対象たる疾病そのものにつきても種々な方向から検討をなさねばならぬ。」

19世紀末から20世紀初頭に青春を過ごした富士川らの医史学者が疾病の歴史に注目したことは、ある意味で自然なことである。彼らが生きていた時代が、コレラを中心とする伝染病に蹂躙されていた時代である。現在の日本の三分の一程度の人口で、10万人以上の死者を出すコレラの大流行などが続いているのである。疾病が実際に非常に重要な要因であった。同時代の欧米の医師や医学史家たちも、そのように考えており、帝国主義時代の世界のエコシステムを理解していた。

このように、文化史としての医学史、そして疾病の重視。いずれも現代の新しい医学史研究者が共感する部分であり、それが80年前に出てくるところは、さすが第一人者であると感心する。

一方で、富士川の祝辞にないものがある。単純な話であるが、「患者」である。私たちが「ヒポクラテスの三角形」と呼ぶ、医療者、疾病、そして患者という発想を富士川は持っていない。ある意味で患者なしで考えたのが、富士川の医学史あるいは医史学であることは、憶えておいたほうがいい。

医学史と社会の対話ー優れた記事の紹介⑮

igakushitosyakai.jp

レーウェンフックは17世紀のアマチュア顕微鏡観察家。微小なものや微生物を観察して数多くのイラストに残したことで知られています。田中祐理子先生は研究の文章であり、レーウェンフックを日本に紹介する文章でもあり、そして共同研究者を募る文章でもあります。17世紀後半の顕微鏡イラストと考察を田中先生とご一緒に行ってみたい方、ぜひご一読ください!

1979年のバイナム先生と中井久夫先生

ビル・バイナム先生はロンドンのウェルカム医学史研究所の黄金時代の所長である。イギリスにとって新興の医学史がめざましい成長をして、あっという間に世界一の医学史研究の国になる激動の時期の中核だった。バイナム先生はもともと医師であるということもあり、とても面白い人生を歩いた先生である。医学を学び、ドイツ/アメリカの伝統的な医学史の圧倒的に優れた視角を持ち、そこにイギリスの新しい医学史の視点が入って、多様な医学史の発展を支えた学者である。彼が引退後に書いた Short History of Medicineや Short History of Science などの著作は、すでに14の外国語に翻訳され、世界の偉大な指導者になっている。

バイナム先生が日本に最初に紹介されたのは、おそらく1983年である。その著作は中井久夫「概説ー文化精神医学と治療文化論」『岩波講座 精神の科学』の第8巻『治療と文化』(1984) に掲載された論文である。 この論文は1990年の同時代ライブラリー、2001年の岩波現代文庫として刊行された日本の精神医学の名著の一冊である。この著作にバイナム先生が面白い仕方で登場する。

「ある英国の青年医学史家は、一シンポジウムにおいて私に『日本ではキツネが人につくが、ヨーロッパ」ではわれわれのほうがキツネをうつ』といった( Bynum バイナムとの雑談。1979年)」

1979年にバイナム先生が「青年医学史家」として中井先生に話しかけたことを憶えておこう。キツネがどうのこうのというのは、どこで学んだのだろう。ちなみに、「雑談」という日本語にルビをふる形で「コーズリー」と書かれている。このルビもどういう意味なのかわからない。

日本の医学史ツアー

f:id:akihitosuzuki:20180714073929j:plain

f:id:akihitosuzuki:20180714074109j:plain

f:id:akihitosuzuki:20180714073752j:plain

 

www.jonbainestours.co.uk

 

さきほど梅原先生のドイツ語圏の記事を紹介した。他の地域についての記述もたくさんある。イギリス、アメリカ、日本を中心にしたものは、高林先生らが作り上げた素晴らしいサイト「医学史関連リンク」が医学史と社会の対話」に準備されている。ぜひご訪問していただきたい。

フランスの医学史については、組織的な一覧は見たことがないが、日本の医師や医学史家の間で非常な人気があるのが、 岩田誠. パリ医学散歩. 岩波書店, 1991. であろう。パリの医学の歴史の栄光と詩情を描く文章が素晴らしい。ご一読ください。

もう一つ、これは外国人を対象とした日本の医学史ツアーをご紹介したい。世界各地の医学史ツアーを企画するという面白いお仕事をしている Jon Baines 氏。バイナム先生のご紹介で、日本でお会いしてお話をしたことがあった。日本の医学史ツアーは三つ用意されていて、麻酔、歯科、そして高齢者ケアなどである。場所としては京都などのほかに、ヒロシマなどが美しい写真で紹介されている。それ以外にも、世界各地の医学史ツアーが準備されている。素晴らしい学者たちがツアー・ガイドとなり、きっと面白い医学史産業になっているのだろうと思う。

 

 

医学史と社会の対話ー優れた記事の紹介⑭

igakushitosyakai.jp

 

医師の収入が高いこと、休暇が文化志向を持つこと、各地の大学医学部や医師会などの誇りが高いこと、場合によっては自分が現在つかっている道具が最初に作られた起源の地であること。そのような理由で、多くの医師が海外旅行するとき、医学史博物館のツアーをしています。近年では、ここに患者の歴史も入り、医学史博物館という産業が発展しています。ドイツで医学史を学んだ梅原先生が書いてくださった「ドイツ語圏の医学史博物館めぐり」。ベルリン、ドレスデン、ウィーンといった重要な都市が誇る医学史博物館を紹介してくださっています。医療関係者の方はもちろん、患者として医療に興味がある皆さま、ぜひご一読ください!

無症候性キャリアーと731部隊

久しぶりに査読論文を書いていて、それも感染症についてである。日本の戦前の無症候性キャリアーのついての論文である。それに対するコメントに対応するということもあり、日本の731部隊との連関にやはり少し触れないといけない。整理して書くとこのようなフレームワークになるだろう。赤の部分を書き足したフレームワークにする。実際に議論しているのは動物実験だけど、731との関係をゆるやかな形で出すために、数パラグラフ書き足す感じである。
 
日本
チフスのメアリーの終生隔離
チフス動物実験 人体実験?
同性愛者がHIV確認のため血液検査するべきだという議論
 
20世紀初頭のニューヨークで、「腸チフスのメアリー」と呼ばれた有名な症例があった。メアリー・マローンというアイルランドからの移民が、腸チフスの症状が出ないのだけれども、体内に腸チフスを長期間保つことができるというタイプの患者であり、コックとして中産階級の家にやとわれて住んでいたが、何回も雇い主の家族などが腸チフスにかかってしまって、最終的には公衆衛生の隔離病院に二回、合計で30年ほど閉じ込められていたという事件である。無症候性になりうる腸チフスの事例が起こした事件である。
 
この事件を、1990年代にもう一度取り上げたのが、Judith Leavitt である。昔は科学と細菌学と公衆衛生の勝利と描かれていたが、当時の HIV/AIDS の流行が引き起こした、無症候性キャリアーにどう対応するのかという問題と重ねた優れた著作である。 Typhoid Mary というタイトルで読むことができる。 
 
これはアメリカの問題であるが、日本における 1980年代から90年代の HIV/AIDSを見ると、違う形であるが、やはり医学が問題を出しているという形になっている。著名な薬害エイズという形で、血友病の患者に与えられた治療で用いた血液が HIV を含んでいたため、多数の血友病患者が HIVになったという話である。厚生省、ミドリ十字、そして阿部教授が訴訟されて事実上の有罪となった。
 
それなら、日本の戦前の無症候性キャリアー対応はどうだったのか、という議論にする。これまで動物実験がいっぱいあったと書いていたが、今回、このリサーチは731部隊と関連があり、人体実験や赤痢や腸チフスの実地の利用を試すこととも関係を持っていたというフレームワークにしよう。
 
Harris, Sheldon H. Factories of Death : Japanese Biological Warfare, 1932-1945, and the American Cover-Up.  Rev. ed edition, Routledge, 2002.
青木, 冨貴子. 731 : 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く. vol. 8382, あ-58-1, 新潮社, 2008. 新潮文庫.
松村, 高夫 et al. 戦争と疫病 : 七三一部隊のもたらしたもの. 本の友社, 1997.
常石, 敬一. 消えた細菌戦部隊 : 関東軍七三一部隊. 筑摩書房, 1993. ちくま文庫.