ロンドンのペストと人口学と錬金術

 

https://quod.lib.umich.edu/e/eebo/A41827.0001.001/1:9?rgn=div1;view=toc

 

ジョン・グラント (John Graunt, 1620 – 1674) 。職業は小間物商であるが、17世紀のロンドンで人口学を切り開いた人物として著名である。ことに、彼が書いた Natural and Political Observations Made upon the Bills of Mortality は、ペストを軸にしてロンドンの疾病と人口の構造を考えた書物で、大学院生の時に熱心に読んだ。今回も、ペストについて少し触れる場面があったので、これを読んでとても懐かしかった。この書物の冒頭に、ロンドンの人口の増減の原理を理解するための106項目という有名な箇所があり、特に懐かしがって、あるいはペストの項目を探すために(笑)、読んでいた。その中で99番目が意表をつかれて非常に驚いた。錬金術錬金術師に関する議論である!実は、こんな場所にこんな議論があったという記憶がない。グラントならネット上で読めるから少し読んで、とても面白かったのでメモ。

人口学に関する知識を求めることは、世界にとっても錬金術師にとってもよろしくない。錬金術は、銀を金にするか、王様につかえるか、欲張りの需要にこたえるか、色々なことをこそこそとしているかで、ロンドンの人口について知ったり口を出したるするべきではない。人口はどのくらいか、男女比はどうなっているか、教会と教派による人口の増加減少の差はどのようか、ペスト流行時にいったん空白になる家に帰ってくる速さはどのくらいか。このような問題に対するアプローチは、錬金術が答えるものではないし、人が錬金術ばかり研究していて人口学の素材を確保しないと、世界と錬金術の双方にとってろくなことがない。

錬金術は私が苦手にしている主題であることもあり、実はグラントに大変な共感を持ちました(笑)

ハロウィーンと死の舞踏

daily.jstor.org

www.bbc.co.uk

 

10月31日はハロウィーンのお祭りである。私にはちんぷんかんぷんのお祭りである(笑)キリスト教に関連することを何もしらないわけではないが、なぜかハロウィーンを知らずにここまできた。trick-or-treating とか jack-o'-lanterns などは聞いたことがあるが、これもよく分からない。少し調べてみて、分かったことをメモ。
 
基本的にキリスト教の祝祭ではなく、ケルト人の民間宗教をキリスト教化したもの。11月1日に教会で行うことになっていた All Saints' Day (万聖節)と重ねて、その前夜を祝うハロウィーンの形式はケルト人にとっては重要な祝祭だったとのこと。それからスコットランドイングランドアメリカなどに移住して、ことにアメリカで大きなブームとなったとのこと。
 
ここには年末の宗教的・霊的な側面が非常に強い。魔術との闘いやベナンダンティなども織り込まれている。それについてローマ皇帝たちの死の舞踏のことを書いた文章が面白かった。

第三言語の世界地図!

www.economist.com

 

今朝のエコノミストは、それぞれの国家の第三言語について。それを世界地図で表す楽しい企画。

この企画とは少しずれた現象だと思うが、人文社会科学の学者の世界では三つの言語を話す人たちが一般的である。英語圏出身で日本研究をしているカナダ人がきれいなフランス語も話すことや、英語圏で育った日本人の学生が中国語も話すなど、三つの言語を話すことが新しい現実である。私は日本語と英語だけで、新しい基準から見ると大変恥ずかしい。あと一つ、日本人の私の感覚で言うと「第二外国語」として、ドイツ語をマスターしようと頑張っている。

エコノミストから過去200年の各国の幸福度の測定

www.economist.com

 

f:id:akihitosuzuki:20191017081535j:plain

出版物からとった各国の幸福度の変化。きっと一つの指標ですね。

19世紀から21世紀までの出版物に、幸福や不幸をあらわす単語がどのくらい現れているかを収集して、それぞれの国家の幸福度を測定したという論文。色々な議論があるのでしょうが、GDPの上昇は少ししか影響を与えていないのですね。特に経済成長期に幸福度が低下している事例が面白いです。

PhDを書いてからしばらくの期間の若手研究者の目標

wellcome.ac.uk

 

ウェルカム財団から文系の若手研究者とその指導者へのメッセージを読んで、複雑な気持ちになりながら、確かに一理あると思った。
 
話は簡単で、一流の研究者を目指すのか、それを社会と文化に広げるのかという<選択>の問題である。研究者を目指すための方法は、総じて簡単である。というか、簡単であるように作られている。インパクトファクターが高い雑誌に一流の学術論文を書き、優れた学術書を書き、力が入った論文集を編集したりすればいい。大学の教員や研究指導者としては、水準が高い研究をやりなさいと言えばいい。それをやれない場合はダメだし、やっても職を取れない場合は残念だと言えばいい。そのケースでは非常勤で生活していくという方法もある。小さな話だが、日本の学術文化の中でなんとかなっているように思う。
 
しかし、優れた別の能力を持っている人々の力が発揮されないケースもある。もしかしたら、そういうケースの方が多いのかもしれない。物書きになりたいのに、学術の枠組みの中で仕事をしているとはどういうことなのか。プロジェクトを組織して実行する力が圧倒的にあるのに、研究者としての仕事をしていることはどういうことなのか。力の無駄遣いではないのだろうか。だから、PhD を取るためには、研究者としての能力と、それ以外の能力を鍛えるコースも作るべきだろうという議論である。多くの側面で良い議論だと思う。

家庭と職場と『神経衰弱の光秀』

1930年に出版された台本である「神経衰弱の光秀」を読む。作者の石角春之助(いしずみ はるのすけ、1890 - 1939)はジャーナリストであり、医師ではないが、医療と身体の問題に関してさまざまな出版を積極的に行っている。何かの機会に多くの書物などを読んでみよう。今回は精神疾患の問題としての「神経衰弱」を明智光秀に読み込むという面白い歴史と精神医療の使い方をした台本を読んでみた。ものすごく面白く楽しい話なのでストーリーの基本をメモ。国会図書館からDLできます。
 
京洛、桜が散る頃、青空の午後に、光秀と美佐於(みさお)が対する場面が最初の場面である。光秀は闘いで大敗して、それらは美佐於のせいだと責める。美佐於は冷静すぎ、いつわりの妻である。「わしは愛のない世界には一刻も活きてはいられない」「わしはもっと熱情的な妻が欲しい」「わしはこうして悶々のうちに死んでいく」子供がうまれると子供ばかりである、だから子供を殺しにいくといって美佐於とちょっともみ合い、美佐於が泣いていると、その姿を見て「ニタリと」笑う。「許してくれ、これがわしの病気じゃ」という。
 
第二場は、信長と連歌師の紹巴が話しているところに、森蘭丸、光秀、美佐於が順々に入ってくる。紹巴が光秀は病気であり、頭が悪くなる時には痴呆のようになる、逆に怒らせると痴呆が治るという。そこで、光秀を怒らせるために、「お前は心の底まで腐っている」といい、また、彼の前で信長が美佐於を誘惑するということをする。それに対して光秀が怒り、それを蘭丸が止めるという事件が起きて終わる。
 
何をどう言えばいいのかよく分からないが、とても面白い。基本は、家庭と職場の力学が共存しているという、当時の東京の中産階級などで大きな問題になっていることを、16世紀末の著名な武将たちに読み込んだという形である。

痩身と肥満の青少年の問題

 

www.economist.com

 

エコノミストエスプレッソが痩身と肥満の青少年の問題をうまく論じてくれたのでメモ。ついでにグラフもメモ。
 
20年前のユニセフのキャンペーンにおいては、まだ青少年の痩身・やせすぎが大きな問題であった。その問題はまだ大きな形で存在しているが、同時に、肥満の問題はより急速に大きくなっている。面白いのは、豊かな国においては、その中の貧困層で肥満が大きな問題となっているという逆説的な事態である。アメリカの青少年では、豊かな層では10人に1人、貧困層では5人に1人が肥満しているとのこと。世界全体では、5歳の子供全体で、18%が肥満、11%が痩せすぎであり、両端を合計すると、3割程度が問題があるとのこと。
 

f:id:akihitosuzuki:20191016073752j:plain

肥満のグラフ。