大阪大学外国語学部スウェーデン語専攻によるセンター試験のムーミン問題論考

www.sfs.osaka-u.ac.jp

 

センター試験ムーミン問題について、大阪大学国語学部のスウェーデン語専攻から公式の声明が出ました。色々な意味で、とても面白いです。ぜひお読みくださいませ。

<信濃町往来>と実験動物のパノプティコン

 
2017年12月9日から2018年3月31日まで、慶應義塾大学にて建築写真展と貴重書の展示が開催されている。貴重書は医学部図書館(北里記念医学図書館)の一階ロビーと二階ホワイエ。一階では医学部が所蔵する解体新書と杉田玄白関連の貴重書と手稿が数点、二階では1923年から1963年までの卒業アルバムが合計6点展示され、慶應医学部のキャンパスの様子のページがわかるようになっている。また、山村耕花《腑分》(1927)も展示されている。解剖の作業がかなり進行して、散乱の二歩手前くらいまでの状態になっている死体があり、その向こうで外国人から日本人が解剖を学ぶ様子が描かれているのだろうと思う。その外国人はシーボルトだろうか。
 
卒業アルバムも私には興味深かった。1945年5月の東京大空襲の前の慶應医学部を頭に描こうとしたが、今の信濃町の駅に向かった部分に入口がある構造とは少し違っているのだろうと思う。どこに何があるのか、私にはよく分からなかった。現存している建物は二つ。一つが医学部図書館、もう一つが予防医学校舎である。ちなみに、後者はロックフェラー財団の寄附を受けたとのことで、建築の外側も内側も趣が深い優れたものであった。最上階に宮島幹之助の胸像が置いてあった。
 
一番充実した展示は<信濃町往来>という、慶應の医学部の建物などの写真展である。これをやっている場所は、 総合医科学研究棟(エントランスおよびラウンジ)という、できたばかりで私たちにはまだなじみがない建物である。信濃町の駅を降りて、北里記念医学図書館、予防医学校舎と通ったあたりにある道の向かい側の新築の建物である。エントランスのガラスのパネルに巨大な写真がたくさん張ってあるのでわかると思う。それに足して、サロンでも展示されており、こちらは小さな写真がたくさん張られている。それらの写真の説明などが書いてある充実した小冊子は、サロンに置いてある。よく分からない場合には、医学図書館の受けつけで写真展のパンフレットがないかと聞くと、いただくことができました(笑) 図書館員が<そのパンフレットを本当にたくさんもらってしまったので>と困惑した表情で語っておられたので、もしかしたら、喜ばれるかもしれない。
 
写真はおそらく写真を本格的に学んだ方が撮られたもので、記念写真的なものではなく、大学医学部の様子を鋭く切り取るものが多い。印象的なことは、医学の進歩が取り残した施設である。慶應医学部は同一の場所で100年間継続したので、作られた当時は先端的だったが、次第に使わなくなった施設というのが出てくる。建物としては、図書館と予防医学で、大部分が取り壊されてしまったらしいが、その取り壊す前に撮影した写真である。ある写真は、廃墟と化した講義の教室のようになっている。特に面白かったのが実験動物を飼う犬舎であった。円形の建物で犬の収容檻が中心に向かって扉が開くという不思議な構造で、実験動物のパノプティコンのようなありさまが呈している。この実験棟物や犬を収容するパノプティコン状の建物に収容する建物は、戦前には建てられており、きっと生理学教授の林髞(はやし たかし)が、パブロフのものから学んで導入したのだろうかなどと想像している。林は、木々高太郎(きぎ たかたろう)の筆名で推理小説を数多く書いており、医学的な主題もよく盛り込まれている。パノプティコン型の犬舎の写真もみつかって、林が書いたものはたくさんあり、推理小説もあるということで、論文の主題に最適ですよ。みなさん、そのような論文をお書きなさいませ(笑)
 
 
 

ひらりねこ大人気(笑)

昨日、フェイスブックのカバー写真に家で飼っている「ひらりねこ」の映像をアップしたら、いつもの医学史関連の記事とは全く桁が違うペースで《いいね》がつき、コメントまで頂いた。ひらりねこ大人気である。3年ほど前に書いた「ひらりねこ救出事件(笑)」という記事も人気だったので、まだ読んでいない方は、どうぞお読みください。少しだけ字句の訂正をしました。

 

********

ひらりねこ救出事件(笑)

昨日おきた「ひらりねこ救出事件」について。医学史とはまったく無関係な無駄話ですので、どうぞ読み捨ててくださいませ。

家ではネコ一匹と暮らしている。名前は「ヒラリー」といい、2008年の6月ごろにまだ若いネコが一匹庭にやってきて、お腹が空いたからご飯をくださいという感じでにゃあと鳴いたのが出会いである。ちょうどそのころ、アメリカで民主党の大統領候補を決める一連の選挙が行われていて、ヒラリー・クリントンオバマに敗北したことを認める宣言を出した翌日だったので「ヒラリー」と名付けた。野良猫という感じは一切せず、人間に慣れている感じがしたし、後に動物病院で聞いたら不妊手術がしてあるということなので、どなたかと一緒に何らかの形で暮らしていたのだと思う。

最初は私たちの家族に親愛の情は示しながらも、一定の距離を取って家の近くで暮らしていた。家の周りでご飯を食べたり、時々家の中に入ってきてソファで寝たりということはしていたけれども、家の中で一緒に暮らすようになるには2年ほどかかったし、膝の上に乗るようになるには5年ほどかかった。今では夜は毎晩一緒に寝ている。私たちにとって大切なネコである。

そのヒラリーが、今週の初めに二晩帰ってこなかった。昼は外にいることが多いが、夜は必ず帰ってくるので、とても珍しいことである。私たちはとても心配した。特に帰ってこなかった二晩目は台風の夜で、どこかで困っていないかと心配していた。

昨日の夕方、家の周りを探してみることにした。探すと言っても、「ヒラリー」とか「ひらりねこ」と名前を呼びながら歩き回ることしかできない。家の周りは田舎なので農家が耕運機のような作業機械などを入れておく小屋がところどころに立っていて、その中に閉じ込められたのかもしれないと思って、小屋の前では小屋の中に向かって呼びかけたりしていた。

その中の一つの小屋に「ひらりねこ」と呼びかけたところ、返事があった。私たちがずっと待っていたヒラリーの声だった。ヒラリーもずっと待っていたのだろう。懸命に私たちに鳴きかけた。私たちも懸命にもう大丈夫だとヒラリーに話しかけた。小屋のご近所の方に事情を説明してどなたの小屋かお伺いして、そのお宅に案内してもらってまた事情を説明して、みなで一緒に小屋に向かってその扉を開けていただいた。最初は不安だったヒラリーもすぐに出てきて、私たちと一緒に田んぼの中の道を歩いて家に帰った。猫とその家族が幸せそうにしていて、ご近所の方と小屋の持ち主の方も微笑んでおられた。ご夕食の時間に親切にしていただいて、本当にありがとうございます。

家に帰ったヒラリーは最初は落ち付かなかったけれども、すぐに落ち付いていつも通りのヒラリーになった。私たちもすぐに落ち付いて、平和な気持ちになった。この週末には時間をみつけてケーキか何かを焼いて、お世話になった方々にお礼を申し上げに行こうと思っている。

 

慶應外語でドイツ語中級を学ぼう

慶應外語

 

私は東大駒場の教養学科だったから、学部3年・4年次にも第二外国語が必修だった。卒業に外国語が12単位必要で、語学は1学期で1単位だから、かなりの数の語学の授業を履修してまじめに勉強した。英語を6単位、ドイツ語を3単位、フランス語を2単位、ラテン語を1単位とった。英語は上級、他の外国語も中級だったから、まじめに語学を勉強するカリキュラムだった。ラテン語はまともにできるようにならなかったが、ドイツ語とフランス語を使う授業は大学院でも取っていたから、素人としてはかなりできた。ロンドンで博士論文を書いていた時でも、18世紀のフランス語の医学書は数百ページくらいならなんとか読めた。たぶん今では読めなくなっていると思う。これはよくない。

それよりまずいのがドイツ語で、日本の大学院を出てからドイツ語のテキストをまともに読んだことがない。ここしばらく近代日本の医学史を研究していて、戦前の日本の医学はかなりの部分をドイツの医学に依存しているのに、私がドイツ語を読めないのは、ものすごくよくない。もちろんドイツ語の中級の教科書を一人で自習するオプションもあるが、それで本当に語学をマスターできる天才とは、私は会ったことがない。どうしようかなと思っていたら、素晴らしい制度があるのをふと発見した。慶應外語である。

慶應には外国語の先生がたくさんいるから、慶應外語というサービスを提供している。それでドイツ語を学ぼう。初級だけでなく、中級も上級もあるから、最初は中級から始めよう。夕方に開講しているから、一日の仕事を終えてから、ドイツ語を学ぼう。ドイツ語の感覚を取り戻したら、東大や慶應が持っているドイツ語の医学の本や論文をたくさん読もう。外語の授業は教職員は2割程度の割引があるから、それも使わせてもらおう。すると12回の授業を25,000円で受けることができる。少し楽しくなってくる新しい試みである。

 

『外科の夜明け』と『ドクター・アロースミス』

Thorwald, Jürgen, 和基 大野, 孟司 養老, and 泰旦 深瀬. 外科の夜明け : 防腐法-絶対死からの解放. 地球人ライブラリー. Vol. 009: 小学館, 1995.
Lewis, Sinclair, and 儀 内野. ドクターアロースミス. 地球人ライブラリー. Vol. 036: 小学館, 1997.

小学館の「地球人ライブラリー」というシリーズがあった。私から見るとよく分からないシリーズである。一時期人気があった学者の栗本慎一郎ダニエル・デフォーのペストを訳しているなど、何が起きるとそんなことになるのかよく分からない本を出している。そのシリーズで、シンクレア・ルイスの『アロースミス』という医学小説の古典が翻訳されていることを知って、これもよく分からないけれども買って読んでみた。原作は長大な20世紀初頭の医学教育と医療を描いたもので、私は部分的にしか読んだことがないが、当時の医学生の生活と価値観、医学教育のありさま、開業医の理念、職業の理念など、読んでおくと非常にためになる作品である。日本語訳はその抄訳である。結構面白い。古本で安価に手に入るから読んでおくといい。

そこで「地球ライブラリー」から『外科の夜明け』という本も出ていることを知った。恥ずかしいことにこの本のことを私は知らなかった。安価だったし、買って読んでみた。基本は、史実にかなり基づいた小説であり、大河ドラマのようなものだと思う。麻酔と消毒と細菌学の時期の外科学の発展を描いた小説である。アメリカ人の外科医を主人公にして、彼が著名な外科医や医者たちに会った時の話をするというストーリーである。色々と面白い引用はあるが、小説だから、史実として軽々しく引用してはいけません(笑)それから、外科技術の重要な細部がわかりにくい。外科技術の進展の話は、技術的な把握が大きな意味がある領域である。技術的な部分をかっちり把握して、できれば実践できる必要があり、外科の医者でなければできない医学史の主題だと私は思っている。私のような人文社会科学系の医学史の研究者は、それが障害になって、外科を主題にした仕事をおそらく一生しないと思う。ただ、この書物では、その部分があまりよく分からない。これは小説だからなのか、オリジナルがそうなのか。立派なきちんと学術的な本を探して読もう。

地球人ライブラリー、よく分からないシリーズだけれども、わりと楽しかったです。復活しなくてもいいとは思いますが。

17世紀ロンドンの医療と子供の不在

Traister, Barbara Howard. The Notorious Astrological Physician of London : Works and Days of Simon Forman.  University of Chicago Press, 2001.
 
けいそうの17世紀を書いていて、16-17世紀にロンドンで医療と占星術を営んでいたサイモン・フォアマンの短いけれども面白い研究を読んでいて、子供の医療とこの時期の医療についての特徴についての言及があり、これが初めて実感として理解できたのでメモ。
 
フォアマンは医師の資格を取っていないが教養人で占星術もマスターし、ロンドンで営む医療と占星術も流行っていた。医療と占星術の記録が残っていて、記録の9割くらいが医療に関するもので、恋の成就の惚れ薬などはごく少ない。医療の症例が数千点にわたって残っており、ウェブ上に画像公開されている。誰でも読めるマテリアルだけれども、読んで分析するためには、きっちり訓練を受けなくてはならない。ケンブリッジ大学のローレン・カッセル先生たちが分析して仕事を発表しているので、そこに聞くといい。
 
問題は子供が少ないことである。症例の8割以上について年齢がわかり、その年齢構成が歴史学者の議論の対象になっている。簡単に言うと子供の数が非常に少ないのである。1歳から15歳の子供の割合が1割前後である。患者の主体は16才から49才の成人、50歳以上も少ないのはこれは人口学的なバランスの問題である。病気をよくして、それが頻繁に重くなる子供の割合が、なぜこんなに低いのか。
 
もちろんアリエスやストーンたちは、小さい子供に対して親は複雑な感情を持っていて、生命が確定するまでは愛情や医療費の支出の対象ではなかったという議論を展開している。しかし、この説明は医学史家たちには非常に人気がない。私たちが持っている史料で、子供の病気や死亡に対する親の感情が表現されたものから見ると、医療費を払う対象でないという説明がぴんとこない。だからといって、医学史家たちは、この時期の史料ででくわす子供の不在の問題に対して、決めての説明を持っているわけではない。
 
ここで提唱されているのはきちんとした説明というより、説明の断片だけれども、これは、私の心にかなりぴんとくるし、あと初期近代の医学史家たちのなかでこのポジションを重視するものも多い(たとえば Andrew Wear)  ポイントは、ガレノス医学の治療法は、身体に強い負荷を与えて、その負荷に耐えて健康を取り戻すモデルであるということである。瀉血や吐しゃや下剤がガレノス医学の治療法の中心である。これらは、患者の身体にまずマイナスを与える。そして、それから返ってくる中で病気も治るという基本モデルである。だから、宗教改革の時期には、ガレノスの医学は残酷で虐待であるとまで批判された。そのような攻撃的な治療を、病気の子供に対してできるのか、という問題である。ガレノス医学の治療が、成人の男子を理念系としていたということである。
 
 
 
 
Medical Consultations for which Age Is Recorded
1 ~ 15
16~49
 
50 and over
 
     
Men
Women
Men
Women
1597 casebook
1479
132
449
657
95
146
1601 casebook
954
110
276
412
81
75
 
2433
242
725
1069
176
221
 

今年の映画

www.bbc.com

 

BBC より。今年公開予定の映画を10本。メアリー・ポピンズ続編やエリザベスI世の映画などを観よう。それより、はやくオリエント急行を観なくては。娘によると、原作の方が好いけれども、映画もなかなかとのこと。ミシェル・ファイファーを観るのも久しぶりになるし、楽しみにしている。