マダム・タッソーと蝋細工の歴史とジェンダー論

Berridge, K. (2007). Waxing mythical: the life and legend of Madame Tussaud, John Murray.

ロンドンではマダム・タッソーの博物館のすぐ隣に住んでいた時代があった。基本は貧乏だったので一度も行ったことがないし、敵意に近い感覚も持っていた。ただ、冷静に考えてみると、医学の歴史においてとても重要な「蝋細工」waxwork を用いた一大事業を始めた人物が「マダム・タッソー」である。医学史の脈絡で、マダム・タッソーに触れる必要が出てきたので、2007年に刊行された書物を見てみた。著者は医学史研究者ではなく、ほぼ同時期にイタリアのボローニャフィレンツェで大展開している蝋細工には言及していなかったが、重要な点を丁寧に議論している。現在も発展している事業の中で、女性が創業者であったマダム・タッソー博物館が最も重要ではないかということである。

マダム・タッソー」Madame Tussauds の名称で、ロンドンをはじめ、世界各地で蝋細工の人形展が展開している。このマダム・タッソーというのが医学と解剖学を起源とした蝋細工の傑出した女性職人であり、事業主として現代でも世界各地に発展している。彼女に蝋細工を教えたのが、フィリップ・クルティウスという医師であり、スイスで生まれて医学を学び、同時に蝋細工の技芸をマスターした。後者の技能が高く評価されてパリに移住して、蝋細工師として王や貴族に雇用された。クルティウスの助手であった女性の職人の苗字がグロショルツであり、彼女の娘が後に「マダム・タッソー」と名乗るマリー・グロショルツであった。結婚や出生についてはよくわからない。というか、非公式なチャンネルを通ってきたことは明白であるらしい。

マリーは、クルティウスから蝋細工を学んで、最初は果物などを、そのうち人体の皮膚の表現などに卓越するようになった。その技法を用いて、クルティウスが成功させたパリの街で王や女王の蝋人形などが展示されている見世物にも貢献し、一方ヴェルサイユ宮殿で王妃に蝋細工を教えて成功していた。一方で革命が進行すると、ルイ16世マリー・アントワネットロベスピエール、マラーなどの処刑された人々の頭部を蝋細工で再現するようにもなっていった。1795年にクルティウスが没して、王党派や共和派の頭部の蝋人形のコレクションを引き継ぐことになり、その秋にフランソワ・タッソーという機械職人と結婚した。夫のフランソワが蝋人形にはかかわることはなかった。子供を得たのちに、ロンドンに移住して蝋人形展を開催する。ロンドンでは18世紀の初頭から蝋人形展は発展しており、動物、植物、鉱物だけでなく、男性・女性の性器や病理的な標本も展示されていた。ここには、エロティシズムがあった。しかし、マダム・タッソーの蝋人形展はハイライトが変わっていた。1805年にはロンドンで、その後にはスコットランドまで蝋人形を展示した。このハイライトは、男性に限定されていたが、フランス革命の処刑者たちの蝋人形であった。

蝋人形展のハイライトが、エロティシズムから政治性に転換されたといってもよい。それを女性が始めたといってもよい。この点は覚えておこう。

 

磯部裕幸『アフリカ眠り病とドイツ植民地主義ー熱帯医学による感染症制圧の夢と現実』(みすず書房、2018) の書評

dokushojin.com

 

週刊読書人』に磯部裕幸先生の『アフリカ眠り病とドイツ植民地主義ー熱帯医学による感染症制圧の夢と現実』(みすず書房、2018) の書評を書きました。ドイツの歴史学の博士論文をもとにした、とても優れた書籍です。帝国主義の時期のヨーロッパとアフリカの関係を、疾病や医療の歴史の中で考えること、とても大きな問題です。私も時々ですが著名な本などを読んで、考える素材にしています。この書評で用いた書物は以下の通りです。磯部先生の書物とともに、とても面白い書物ばかりですから、ぜひお読みください!

Helen Tilley, Africa as a Living Laboratory: Empire, Development, and the Problem of Scientific Knowledge, 1870-1950, The University of Chicago Press, 2011. 

Randall M Packard, White Plague, Black Labor: Tuberculosis and the Political Economy of Health and Disease in South Africa, University of Natal Press, 1990.

ジャック・ペパン. エイズの起源. 山本太郎訳. みすず書房, 2013.

1518年のストラースブルクにおける舞踏精神疾患の流行現象

Waller, John. A Time to Dance, a Time to Die: The Extraordinary Story of the Dancing Plague of 1518. Icon, 2008.
Midelfort, H. C. Erik. A History of Madness in Sixteenth-Century Germany. Stanford University Press, 1999.
Davidson, Andrew. "Choreomania: An Historical Sketch, with Some Account of an Epidemic Observed in Madagascar." Edinburgh Medical Journal, vol. 13, no. 2, 1867, pp. 124-136, PMC, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5295884/.
Jacobus, de Voragine ca et al. 黄金伝説. vol. 574, 578, 582, 592, 平凡社, 2006. 平凡社ライブラリー.

1518年の7月にストラースブルクで起きた精神疾患の事件を取り上げたのが、アメリカのジョン・ウォーラーによる『踊る時間と死の時間』という書物。もちろん読んで楽しいが、狭い意味でこの事件に関する重要な素材や発想は、非常に優れた歴史学者であるミデルフォートの『16世紀ドイツの狂気の歴史』に取り上げられているものと近い。広い意味でこの事件を設定する枠組みも面白い。ヨーロッパではライン川とモゼール川沿いの地域で起きるという議論、中世から近世までにわたる時期の事件であるという議論、これは精神医学上の<トランス>であって19世紀の帝国主義の時代にヨーロッパ人が植民地各地で発見したものだという議論などは、説得力があるかどうかは別にして、私は面白く読のでおいた。DL できる19世紀の医学雑誌の論文は手に入れておいた。聖ウィトゥスについては、私が持っている本では平凡社ライブラリーの訳者の注が素晴らしかったので、それも書いておいた。

1518年の7月にストラスブールで起きたのが、市民の間で精神疾患が流行したという事件である。7月にある女性が踊り始めて、これが他の人々によって真似するかのように広まったという事件。200人や400人という数字が上げられていて、当時の人口2万人ですべてが市民であると仮定すると、人口の2%に精神疾患が流行したという大きな減少になる。治療としては最初は疾患であるとして音楽とダンスが処方されたが、これはメリットをもたらさなかった。そのため、宗教的な現象であるとして近くのザフェルネの聖ウィトゥスをまつる祈祷所 shrine に宗教的な罪人たちを送り込んだ。この舞踏性の精神疾患を聖ウィトゥスに送り込んだ絵柄を発展させたものがブリューゲルの版画である。

聖ウィトゥスは、シチリアの名家の出身で、12歳で殉教する美しい少年聖人である。皇帝ディオクレティアヌスの息子が悪霊に憑かれたときに、ウィトゥスが手で触れて悪霊が去ったという事件が黄金伝説にも記録されている。そのため、この少年聖人の聖遺物があると称する土地が150もあり、教会の主保護者・副保護者を合計すると1,300にものぼるという。

f:id:akihitosuzuki:20180923162855j:plain

琺瑯(ほうろう)のストッカーを買いました

野田琺瑯株式会社

 

野田琺瑯という会社があり、昭和9年に創業した琺瑯の生産を中心とする企業である。琺瑯は「ほうろう」と読む。「ほうろう」は英語では enamel というが、その歴史は非常に古く、エジプトなどに起源を発し、ツタンカーメン王のマスクにもほうろうの技術が用いられている。これは金細工工芸に類似したもので、そのまま世界中に拡散していったという。中国や韓国や日本においては、正倉院の宝物など、七宝の形であり、ぜいたくな工芸であった。それが18世紀から19世紀になると、イギリスやドイツで非常に実務的な鉄製のほうろうが作られるようになった。ドイツやフランスでは Email というそうである。日本でも19世紀中葉から生産がはじまった。20世紀の前半には質の管理が難しかったが、後半には優れた工業的で信頼できる産品になったとのこと。

「ほうろう」という言葉の語源などはよくわかっていないとのこと。ビザンチン帝国という意味の中国語であるなどの面白い説もあるとのこと。

今回、コーンフレークスなどのシリアルを入れておく容器がもう一つ必要になったので、1.5リットル入りの持ち手つきストッカーを買った。2200円よりだいぶ安い価格で買えます。その安心感が、やはりとてもいいですよ。

f:id:akihitosuzuki:20180922133153j:plain

ロンドンの科学博物館にてロシア皇帝家族と血友病に関する展示

https://www.sciencemuseum.org.uk/see-and-do/last-tsar-blood-and-revolution

Haemophilia in the Descendants of Queen Victoria

 

エコノミスト・エクスプレスの記事。ロンドンの科学博物館でロシア皇帝一家についての大きな展示が始まったとのこと。難しい問題ではあるけれども、血友病Bの問題についても、さまざまな展示を行っているとのこと。

血友病は遺伝性の疾患で、日本ではHIV/AIDS の初期の被害者のほとんどが血友病患者に与えた血液製剤HIV で汚染されていたために起きたことであり、多くの人が知っている。 Haemophilia という疾病名を憶えていてぱっと出てくるようになることがどうしてもできない、おバカな医学史研究者がいるのは本当によくない(笑)

もう一つの主題は、イギリスのヴィクトリア女王からの遺伝の問題である。ロシア帝国の皇帝一家が血友病となっており、王妃のアレクサンドラが血友病の症状を出していたこと、そこで医者やラスプーチンなどが大活躍したことも有名である。私はきちんとした本や論文を読んでいないので、読んだら報告します。

もう一つ重要なのが、ロンドンの科学博物館が、イギリスの女王様とロシアの皇帝一族の遺伝性疾患についての展示を堂々としていることである。おそらくこのような医学史的な展示をすることに関しては、数十年を掛けてきちんとした展示を行う準備ができているのだろう。他の国でも、このような主題についての実力をつければいい。古い神聖なタブー論と、妙に新しい批判精神だけのいい加減な議論だけではなく、実力を伴う医学史展示ができるようになるべきだと私は考えている。

 

Royal blood: “The Last Tsar”

The murders of Nicholas II and his family signalled the demise of the House of Romanov—and the beginning of a century of fascination with this doomed Russian dynasty. Popular culture tends to focus on the alluring possibility of survivors, but the Science Museum in London takes a more grounded approach. Its new show, “The Last Tsar: Blood and Revolution”, traces the imperial family’s use of conventional and mystical forms of medicine after their heir was diagnosed with haemophilia B. Their journey into spiritual healing brought forth one of the great 20th century icons, Rasputin. The Romanovs’ penchant for opulence means their travelling pharmaceutical cabinet is as breathtaking as their Fabergé eggs. The exhibition also explains how scientists identified their remains, using a blood sample from Britain’s current prince consort, Philip, who is related to the tsarina through Queen Victoria (from whom she inherited her haemophilia). A bad-luck bloodline, indeed.

『精神障害を哲学する』をいただきました!

f:id:akihitosuzuki:20180921172040j:plain

東大駒場科学史・科学哲学の石原孝二先生のご著書『精神障害を哲学するー分類から対話へ』をいただきました。

ピンクのビラは<「病院」から「地域」へ、「診断」から「当事者」へ、「分類」から「対話」へ> と書かれ、斎藤環先生が「哲学者の透徹した視座が、精神医学の現状と未来を鮮やかに描き出す」と推薦されておられます。

構成としては3部にわけられています。タイトルで言うと、第1部が<狂気と精神医学の哲学>、第2部が<精神障害の概念と分類>、第3部が<地域精神医療と当事者>です。第1部の3つの章は、「狂気と理性」、「近代の疾病観念と精神医学の成立ー精神医学はなぜ常に『遅れている』のか」、「生物学的アプローチと精神病理学」という形で経時的に並べられています。

恂にありがとうございます。合評会が楽しみですね!

医療におけるAI(人工知能)の導入について

医学書院/週刊医学界新聞(第3289号 2018年09月17日)

 

昨日の英語セミナーの後で、医学部の学生と話す機会があり、東京医科大学の話をしながら、日本の医療の将来はどうなるのだろうかという話になった。

 

日本の医師数は、人口比で言うと世界の先進国でもかなり少ないことで有名である。厚生労働省のデータでいうとこのようになる。

f:id:akihitosuzuki:20180920222317j:plain

30か国のうち26位くらい。悲しくなるが、これだけ少ない医師の数であるにもかかわらず、平均寿命は長く、非常に優れたシステムだという議論も可能である。しかし、その医師たちの労働状態がかなり過酷であることも事実である。一人一人がものすごい労働量である。もちろん日本の病院医と開業医の違いなどの議論もあるが、医師の労働量については、医学史を研究していても、ひしひしと感じることが多い。

ここで、日本と比べて医師数がたいして多くないアメリカで、画像から診断する人工知能が積極的に開発されて導入されたというニュースを読んだ。診断のベースが視覚的な画像になったという点も面白いが、このようなAIが導入されると、日本で何がどうなるのだろう。私にはよくわからない。