お誕生日のお祝い、どうもありがとうございました

お誕生日のお祝い、どうもありがとうございました。庭のバラが今シーズンの最後の花を咲かせましたので、お礼の写真です。真赤なものがウィリアム・シェイクスピア2000 、ピンクがガートルード・ジキルです。

 

f:id:akihitosuzuki:20201206110328j:plain

f:id:akihitosuzuki:20201206095256j:plain

 

 

今年度のサントリー学芸賞を受賞された詫摩先生の講演とディスカッションです! 

igakushitosyakai.jp

 

12月5日(土曜日)の午後には、詫摩佳代先生(東京都立大学)のオンラインセミナーがございます。詫摩先生は東京都立大学の法学政治学研究科の教授で「国際保健協力と国際政治」が専門です。このたび、ご著書である『人類と病 ―― 国際政治から見る感染症と健康格差』(中央公論新社)が第42回サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞されました。おめでとうございます! 

その詫摩先生が12月5日にお話をしてくださいます。サイト上で手続きをして、お話を聞き、議論に参加してください! 

 

セミナー第3回の趣旨】新型コロナを巡ってはWHO(世界保健機関)を舞台として、米中の対立が激化しています。保健協力の歴史を振り返ってみると、実は似たようなことは度々起きてきました。国際保健協力はどのように国際政治と関わり合ってきたのか、なぜそもそも国際政治と関わり合うのか、考えてみたいと思います。

今週末(11月14日午後2時から)には飯島渉先生による中国と日本と世界のcovid-19への対策と歴史についての講演です!

igakushitosyakai.jp

 

今週末は飯島渉先生による covid-19 と感染症対策についての講演です。

11月に入ったというのに、日本ではいまだ解決が見えない状況が続いており、多くの皆様も漠然とした不安が次第に強くなっているかと思います。そのような感染症に原点である中国は何をしたのか、そして世界では何が起きているのか。この問いに歴史的に答えるオンラインの講演です。

11月14日の午後2時からの飯島先生のご講演とディスカッションです。ぜひいらしてください! 

 

 

日本近代医学の「ドイツ語・日本語まじり文」についてオンラインで講演いたします! 

10月31日にオンラインで講演いたします。日本の近代医学の興味深い現象の一つに、「ドイツ語・日本語まじり文」を利用したということがあります。帝国大学の症例誌ではこのまじり文が重要なものとして利用され、一目見ただけではドイツの大学病院の症例誌ではないかというものすらあります。九州大学がこのような症例誌の史料の公開に向かっているなか、特別に見せていただきました。一人の患者に関する資料が、ドイツ語と日本語の二つの言語で表現されるという面白い現象の分析を始めた段階での講演です。色々なアイデアをいただければ。 

f:id:akihitosuzuki:20201025125933j:plain

小川先生のアドレスに申し込んでください!