2010-02-22から1日間の記事一覧

「精神」病の通俗化

必要があって、明治期の精神医学の通俗化についての研究書を読む。文献は、川村邦光『幻視する近代空間―迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶』(東京:青弓社、2006)「民衆の深層の知」が出現した事件の分析と、必ずしも深層ではないが(いや、深層だろ…