2018-05-20から1日間の記事一覧

津山事件と結核の影響

中村, 一夫. 自殺 : 精神病理学的考察. vol. B-5, 紀伊國屋書店, 1963. 紀伊國屋新書. 中村一夫という精神病医の『自殺論』に津山事件についての素晴らしい説明が入っていたのでメモ。 津山事件は昭和13年に岡山県の西加茂村で起きた大量殺人事件。都井睦夫…

幸田露伴「対髑髏」における精神疾患とハンセン病

幸田露伴が若き日に名声を確立した小説が「対髑髏」である。1890年(明治23年)に刊行されて、全集の第一巻に収められている。文章、漢字、成句などが超絶的に難しいが、実際に名作であるし、ふりがなが大いに助けになる。医学史としても非常に面白い主題で…