2008-07-18から1日間の記事一覧

瀬戸内の島の水利

必要があって、瀬戸内につきだす東和町の地方史を読む。文献は、宮本常一・岡本定編著『東和町誌』・第二巻・須藤護『集落と住居』(東和町、1976)。民俗学の大家の宮本常一が生まれ、フィールドワークをした土地の民俗学的研究を、宮本の弟子が仕上げたも…