2009-11-17から1日間の記事一覧

三島由紀夫『金閣寺』

必要があるという言い訳をでっちあげて、三島由紀夫『金閣寺』を読む。この傑作を読むのは久しぶり。主人公と友人が南禅寺に遊んだときに、着物の女が胸をはだけて茶碗に乳を注ぎ、それを恋人の士官に与えるのを目撃するシーンがある。一度読んだら一生忘れ…