2011-08-15から1日間の記事一覧

クレペリン『精神分裂病』

クレペリン『精神分裂病』西丸四方・西丸甫夫訳(東京:みすず書房、1986)クレペリンは『精神医学』という教科書の版を変えながら自説を発展させるという、ユニークというか不気味というか、とにかく独特な仕方で精神医学の研究を行った人物である。最初は3…