2012-06-01から1日間の記事一覧

イムの観察・理論の国際化の二つの過程

イムについての学説が、北海道や樺太のフィールドと、東京(メトロポリスI)・ドイツ(メトロポリス)II の間を流通した経路を少し整理した。重要なのは、榊保三郎の系列と、内村祐之の系列である。榊保三郎は、のちに九州帝国大学の精神科の教授となった人…