医療英会話201

医療英会話キーワード辞典。久しぶりに帰ってきました。と思ったら、実は5月24日にメモした部分でした(涙)とにかく、再び、ここを始めます。一日3ページずつ音読。pp.632-634. 「普段」から「不能」まで。 普段usual, normal, everyday, dailyWhat do you …

医療英会話201

医療英会話キーワード辞典。久しぶりに帰ってきました。と思ったら、実は5月24日にメモした部分でした(涙)とにかく、再び、ここを始めます。一日3ページずつ音読。pp.632-634. 「普段」から「不能」まで。 普段usual, normal, everyday, dailyWhat do you …

1930年代の上海について

土曜日のエスプレッソ。今週もまた面白かった。アフリカの芸術作品を返還するという問題、チェチュニアにおけるゲイへの激しい嫌悪と差別の問題などの真面目な問題と並んで、20世紀前半の上海の文化都市としてのありさまを描いた書物が二つ紹介されていた。…

映画『エジソンズ・ゲーム』を観てきました!

edisons-game.jp 映画『エジソンズ・ゲーム』を観てきました。実佳と並んで、というか、一席あけてみてきました。原題は The Current War で、direct current を支持するエジソンと alternate current を支持したウェスティングハウス(初めて聞いた人物でし…

2億から6億の covid-19 の患者

www.economist.com エコノミストの巻頭言。Covid-19についての面白い理論である。このパンデミックがどのくらい継続するのかという話である。現在の多くの国家で起きているのは第二波ではなくて第一波であろう、記録患者が一人いることは12人の感染者がいる…

Corvid-19 によるイングランドの被害の多さと日本の被害の少なさ

www.bbc.com www.bbc.com Corvid-19による死者数を国際比較する問題について、一つ確実な考え方とデータが出てきたので報告。 私や多くの学者は、これだけの短期間でのcovid-19での国際比較は難しいと思っていて、ここにはあまり踏み込まなかった。<記録さ…

1980年代からの中国原産のウサギ熱のパンデミー

www.newyorker.com New Yorker で非常に楽しく深さを持っている記事。タイトルはRabbit Fever (ウサギ熱)著者は Susan Orlean で、数年前に The Library Book という図書館の歴史を描くとても面白い本を出し、翻訳もされたが、私はまだ読んでいない。 彼女…

Covid-19の中の国際飛行

www.lrb.co.uk もう一つLRBから。イランのテヘランに住む女性の記事。トロントで勉強する従兄弟の学生が飛行機の事故で死亡し、テヘランからトロントに行き、家族のお見舞いや後の処理などをした。その間にパンデミーのために、カナダはイランとの通行をサス…

中国伝統医学 (TCM) によるcovid-19 に対する有効性のキャンペーン

www.bbc.com BBCから。covid-19 の発生の中核の問題は、中国の市場で取引される野生動物をどのように管理するかということである。SARS においても、covid-19 の発生地である武漢市の海鮮市場においても、第二派にあたる北京の海鮮市場においても、そこで取…

コリアンダーの枝

コリアンダーやチャンツァイと呼ばれているハーブがあって、私はとても好きである。葉をたくさん使ったあと、その種を取って蒔いてみようかという話が出て、初めてやってみた。つまり放置しておいたということなんですが(笑)写真はその種を取る途中に、枝…

書評 石原あえか『日本のムラージュ 近代医学と模型技術:皮膚病・キノコ・寄生虫』が公開されました

repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp しばらく前に執筆した石原あえかさんの優れた書物である『日本のムラージュ 近代医学と模型技術:皮膚病・キノコ・寄生虫』が公開されました。PDFになっておりますので、ご覧ください。 書評は学者にとってとても重要な仕事…

モーリタニアの図書館の危機

www.bbc.com モーリタニアという共和国がアフリカの西側の内陸部にある。かつては東側で繁栄したイスラム文化を西側につなぐ交通路の重要なポイントであった。そこには文化が発展し図書館も作られる。内容としては、哲学、宗教、科学などに関する写本のコレ…

フィルヒョーと線虫と豚肉のソーセージ

フィルヒョー (Rudolf Virchow, 1821-1902)という19世紀ドイツのおそらく最も偉大な医師がいる (詳細は省きます) シュリーマンの『古代への情熱』で非常に格好いい役割を果たしている。そこでは私が少年時代に愛読した名場面があって、そこの登場人物がフィ…

トゥーレット障害の治療法と腕時計

もう一つ障害の話。これはエスプレッソからで、主題はオリヴァー・サックスが印象に残る形でいくつか書いているトゥーレット障害。もともとは19世紀末のパリの神経医であったジョルジュ・ジル・ド・ラ・トゥーレット (Georges Gilles de la Tourette, が発見…

オンライン授業と野鳥と聴診器の音声

オンライン授業などをするため、音声ファイルをよく使う。.mp3 や .mp4 などである。そうすると、なんとなく音声ファイルを使ってみたくなり、サイトを訪問したり、野鳥の音を録音してみたりする。いくつかの野鳥の声のファイル、それから聴診器の楽しいファ…

実験医学とアスビヨン・フォリングと発音辞典

https://www.pronouncekiwi.com/Asbjorn%20Folling 授業の予習をしているときに、 phenylketonuria という疾病を実験室で発見した Ivar Asbjørn Følling (1883-1973) のことを少し調べる機会があった。学生に実験室での貢献のモデルを教えるいくつかのエピソ…

イタリアン・バロックが歌う日が昇るガンジス川

チェチーリア・バルトッリという美しいイタリアの女性歌手がいる。私たちがロンドンに留学した頃にブレイクした。私にとっても青春の歌手の一人で、オペラの『チェネレントッラ』のCDや、彼女のベスト盤も何枚か持っている。それはどうでもいい(笑)今日は…

マスクの有効性:中国と韓国のマスク支持、イギリスの断固たる両義性、そして日本の混沌(笑)

www.economist.com エコノミストで楽しい統計の記事。マスクが予防に有効か否かという問題である。 自分が陽性であった場合に、他人を感染させる割合を下げるのにマスクが有効であるという事実は間違いない。一方で、人ごみに行くのにマスクをすることは、「…

生活空間と職業空間

大阪市の中心部に道修町資料保存会という団体があり、その会員になっている。そこが『道修町』という機関誌を一年に4回発行している。4ページの短い機関誌だが、紹介される史実の面白さ、写真の美しさ、イラスの楽しさなどがあって、毎回喜んで見ている。202…

16世紀イタリアの『不治の狂気の精神病院』に登場する日本人たち!

Garzoni, Tomaso et al. The Hospital of Incurable Madness: L'hospedale De' Pazzi Incurabili (1586). vol. v. 352, Arizona Center for Medieval and Renaissance Studies, in collaboration with Brepols, 2009. Medieval & Renaissance Texts & Studie…

1960年代から70年代にかけて精神病院が急増したもう一つの地域 !!

historypsychiatry.com 1960年代から70年代にかけて、欧米各国では精神病院の病床の急激な減少がはじまった。一方、この時期に日本では急激な増加が起きる。これは大きな謎だったし、今ではますます大きな謎となっていた。「なぜ?」という問いに答える方法…

エコノミストのチャット・ショー

今日のEconomist Espresso は、珍しく、いつもほど面白くはなかったので、エコノミストのサイトを少し眺めてみた。その中で、The Economist Asks というコーナーがあった。英語でいうと chat show というらしい。あまり詳しくは存じ上げていないが、Anne McE…

『生粋のイングランド人』を頂きました!

ダニエル・デフォーが書いた The True-Born Englishman (1700-1701) とその周辺の文書を翻訳した書物を頂きました。西山徹先生、高谷修先生、服部典之先生、そして福本宰之先生によるお仕事です。どうもありがとうございます! 研究というか教育の絶妙なタイ…

医療英会話201

医療英会話キーワード辞典。一日3ページずつ音読。今日は pp.632-634. 「普段の」から「不能」まで。 普段の usual, normal, everyday, daily What do you usually have for breakfast? Are you urinating more than usual? You can go about your normal da…

NHK World and Medical Frontiers on Covid-19 in Japan

From 26 May, you can watch the Japanese stories of Covid-19 in NHK World in the popular series of Medical Frontiers. I will talk about the histories of infectious diseases in Japan, trying to connect the present pandemic with Japanese expe…

スーザン・コリンズの叙事詩

土曜日のエスプレッソもとても面白かった。苦悩の画家と薬中毒の犯罪者のねじれたビデオの話、グラインドボーンのオペラの話、サンゴ礁を守る話など、私が好きな記事ばかりで楽しかった。その中から、ニューヨークの知識人・文人であるスーザン・コリンズ Su…

エドガー・アラン・ポーの『メールストロームの渦巻』のそばの小都市の名前

多くの人が Bing というサイトの風景図の写真を気に入っていると思う。私も仕事を始める前の風景写真がいい感じを与えてくれる。今日はノルウェイの Reine という小都市の美しい写真で、フィヨルドの湾に沿ってたたずむ町が美しい。オーロラが現れて神秘的な…

医療英会話200

医療英会話キーワード辞典。一日3ページずつ音読ですが、今日も2日分やりました。合計6ページ。pp.626-631. 「副産物」から「負担」まで。 副産物 byproduct, by-product, outgrowth 副子 splint the injured arm apply a splint to the injured arm 福祉 w…

マスタードの使い方?

難しい部分を全て省略して、最終的な質問を一番最初にすると、マスタードをどのように使うと、利用が早くて、まあまあ美味しいのですか? どこから話していいのか分からないけれども、非常に複雑な議論が組み合わせて、皆さまにお伺いすることになりました。…

キャリコとチンツとリバティ・プリント

www.bbc.com ここ数日、実佳とテーブルクロスの話をしている。ロンドンで作って使っていた古いテーブルクロスが押し入れから出てきて、懐かしい話になって、それが少し小さいということもあって、二枚ほど布を買って縫って使い始めた。そんな折に、BBCがチン…